Instagram

Categories

2015年

8月

15日

Bettys



Betty’sは今から約100年前にイギリスの北、Harrogateでオープンしたカフェ。

スイス人のFrederick Belmontはケーキ作りの職人、今で言うパテシエでした。彼はヨーロッパを旅し、自信のスキルを磨いていましたがこのHarrogateに到着した際、故郷スイスと気候や景観が似ていた為か、この場所が気に入り留まることになりました。


そして1919年にBettysが始まります。

    


そして今では店舗数は6店舗。  


 全ての店舗がHarrogateを中心に点在するのでイギリス北部にしか存在しません。


スイーツはFredrickがスイス人だったこともあり、チョコレートなどはスイスチョコに近いです。 

 ケーキはイギリススタイルのアイシングケーキからフレッシュクリームを使用するまでバリエーション豊か。

見た目とは違い以外にも甘さは控えめ 。

  


そして何と言ってもオススメはアフタヌーンティー!

開店と同時に行列ができます。待つのが嫌いなイギリス人達を並ばしてしまう程魅力的なのです。   

カフェメニューも豊富でスイススタイルのマカロニチーズや地元の食材を使用するサンドウィッチなどもあり、アフタヌーンティーはちょっとね、、なんていう男性とも問題なし 

  



更にオリジナルの紅茶やコーヒーもあります。 

Bettysのオリジナルブレンドの紅茶はパッケージも可愛くお土産にも最適。


最後に一つトリビア。 

 Bettysの「ベティとは一体誰?」、これは100年の時を超えて今でも謎のまま。

Fredrickがいない今となっては永遠のミステリーなのです。   




Bettys

(本店)


1 Parliament Street, Harrogate

HG1 2QU


WEBSITE

0 コメント

2014年

12月

05日

BISCUITEERS


ビスケットの専門店BISCUITEERS。

入り口、いや外観からもうそれは夢の世界。一歩中へはいると一瞬目眩いをしてしまうほどのかわいいビスケット達が出迎えてくれる。 


  

   

 

ビスケットは季節によってバリエーションが変わる 。   

 

もちろん今はクリスマス!サンタやトナカイ、キリスト誕生のNativityなど、もうどれを見てもツボを押さえたデザインと絶妙なカラーに心を奪われる  。

 

ビスケットは1枚から購入可能。セットになった缶売りのものはその缶自体もかわいいのでビスケットを食べ終わっても楽しめる。ビスケット1枚を入れる箱もしっかりとしたオリジナルデザインの箱で小物入れにして再活用したくなる。 

 

  




賞味期限は3週間あるので定番のロンドンシリーズやジンジャーマンブレッド、クイーンシリーズなどはお土産にも最適 。

  

 

 

イギリスならではのアイシングで飾り付けられたビスケット。日本ではまだまだ馴染みが薄い小麦粉と砂糖で作るアイシングはコーティングすることにより日持ちもするし、何と言ってもデコレーションのバラエティが豊富。 

 

このアイディアやデザインはBISCUITEERSのチームが定期的に打ち合わせをして決めているのだそう。 

 

 

現在、ロンドンに2店舗。ノッティングヒルと数週間前にオープンしたバタシーのお店。店内ではビスケットの他、チョコレートやアイシングケーキ、ビスケット作りに必要なお菓子作りキットや型抜きなども置いている。そのどれをとっても“かわいい”につきる。    

  

Biscuiteersのデコレーション本も出版されています。


カフェも併設しているので買ったばかりのビスケットを頬張りながらイギリス風にミルクティーなんていうことも。 



更にはアイシング教室も開催しているので型抜きされたプレーンなビスケットに自分オリジナルのアイシングもできる。  



兎にも角にもここにいる間は誰もが“女の子”。終始「可愛い」&溜め息 。


イギリスの定番とも言えるアイシングビスケット、折角ロンドンにいるのなら是非このお店に来てラブリーでゴージャスなザ・ベストを体験してみて。  

 

 

BISCUITEERS

 

Notting Hill

194 Kensington Park Road, W11 2ES

TEL: +44(0)207 727 8096

 

 

Battersea

13 Northcote Road, SW11 1NG

TEL: +44(0)207 924 5488

 

WEBSITE

2014年

7月

15日

SORBITIUM ICES

 

 

ロンドン界隈のマーケットをまわるホームメイドのアイスクリーム屋さん、Sorbitium Ices。

   

 

 

“Sorbitium”は、古代ローマ時代にシーザーやネロ皇帝が愛した氷菓子のこと。奴隷に万年雪を運ばせ、蜜やワインを混ぜて食べたのがアイスクリームの起源でもある。その食べ方は、高級嗜好品として裕福なローマ市民に広まっていく。    

 

  

2000年後、ペドロとスザンナはPetersham Nurseriesのシェフとして出会い、2011年にSorbitiumというアイスクリーム屋さんを始めた。二人ともパティシエとしての経歴はない。「なぜアイスクリーム屋だったのかは分からない。でも昔からアイスクリームが大好きだったの」とスザンナは笑う。気持ちがいいほどシンプルな答え。

 

   

  

 

この日訪ねたのは、イーストロンドンで週末の夜だけ開くフードマーケット、Street Feast。アイスクリーム屋さんは青空の下にいるものと思い込んでいたから、どうして夜のマーケットに?と尋ねてみた。その返事も明快。「活気のあるマーケットで、おもしろい食べ物がたくさん売られていて、食への意識の高い人が集まるから。イーストロンドンってそういう場所よね。しかもフードマーケットって、たいていデザートがないの!でも食べたくなるでしょう?」    

 

アイスクリームはロンドン中で買える。

ただし、べったりした甘さに、人工的なフレーバー、ミルクの味がしない油っぽいアイスクリーム(状のもの)がほとんど。でもSorbitiumは違う。レストランでもそう食べられないクオリティーのアイスクリームだ。ナチュラルにこだわるフレーバーは、ラベンダーやバジル、バーベナといった花やハーブの他、南国のフルーツなど、バリエーションも豊富。しかも旬の素材だけを使うから、メニューボードに並ぶフレーバーは毎週替わる。    

 

 

 

でも週替わりのメニューが災いして(!?)、美味しいと聞いたイチゴ&クリームチーズのアイスクリームがない!おすすめを聞いても、「全部!あとは気分次第かな」と笑顔で返されてしまった

そこで、バジル&イチゴ、バナナの2種類を試してみることに。どちらも控えめの甘さとマイルドなフレーバー、とにかく美味しい!   

 

 

バジル&イチゴはすっきり爽やか。夏っぽくておすすめ。

バナナのアイスクリームは、果物をそのまま凍らせたようなナチュラルな風味がうれしい。ほのかに感じる蜂蜜の甘さに胡麻のトッピングがめずらしい。

「蜂蜜と胡麻がかかった揚げバナナが大好きなの。中華料理のデザートよ」とスザンナが無邪気に話す。   

 

 

Sorbitiumのアイスクリームはデザートの域を超えている。その昔、ローマ人が嗜好品として愛した存在に近いかもしれない。異なる文化で育ったペドロとスザンナが、定番のバニラやストロベリーのアイスクリームをベースに創り出す、新しいフレーバー。インスピレーションの源に、文化もジャンルも関係ない。スザンナは「独創的でオリジナル、他にはないアイスクリーム」と表現する。    

 

 

 

 

個人的には、マーケットでしか買えないこともSorbitiumの魅力だと思う。

でもお店を持って、たくさんの人に買ってもらおうとは思わない?と尋ねると、スザンナは即答。

「もちろん考えてる!いま物件を探しているの。次のステップよ。」

夢を形にして進む人に共通すること、それはシンプルに、真っ直ぐ物事をとらえていることだと思う。

 

 

エネルギッシュなイーストエンドのフードマーケットも楽しいし、ロンドン近郊のマーケットではレトロな車でアイスクリームを売るSorbitiumに出会える。蒸し暑い日本の夏にかき氷が合うように、ロンドンの爽やかな夏にはアイスクリームがよく合う。是非アイスクリーム目当てで出かけてみて!スザンナのフレンドリーでキュートな笑顔が出迎えてくれるはず。

   

    

written by Aki Aida

Sorbitium Ices

WEBSITE   

3 コメント

2013年

4月

30日

Brixton Village

 

 

 

 

ロンドン南部にあるブリクストン。以前は治安が悪いと言われていた地域。

地元の活性化のために住民たちが力を合わせ、今ではちょっとしたオシャレスポットになるまで成長した。

 

その活性化の一つにブリクストン・マーケットの開催がある。このブリクストン・ヴィレッジはそのマーケットの中にある、言ってみれば食堂街。

 

ブリクストン・ヴィレッジはBrixton駅から歩いてすぐ、Atrantic Roadを下ると左手に“Brixton Village”の看板が見えてくる。入口からはアーケードになっており、中へ入ると賑やかなマーケットとレストランたちが。マーケットでは世界の雑貨、食料品、新鮮な食材を売る、八百屋や魚屋などが立ち並ぶ。

 

 

 

全ては紹介できないのでいくつかオススメをご紹介。

 

 

FRANCO MANCA

 

いつも行列のできているピザ屋さん。基本メニューはピザのみ。生地がもっちりしているが軽いので一人一枚余裕で食べれてしまう。ロンドンに数店舗あり。

 

WEBSITE

 

 

 

HONEST BURGERS

 

イギリスの食材のみで作るハンバーガーのお店。Brixton Village内でも12位を争う人気店では!? こちらも並ぶことを覚悟。SOHOにもう一店舗あり。

 

WEBSITE

 

 

 

SENZALA

 

ガレット専門店。フランスで食べるより美味しいのでは!? と言われるほど。やっぱりハム&チーズがお勧め。店舗はここのみ!

 

ADRESS4142 Brixton Village, London, SW9 8PS

 

 

 

Cannon&Cannon

 

モダンブリティッシュのタパスレストラン、と表現します。小皿料理やおつまみがたくさん。是非ワインと共に。イギリスで作られる鹿肉のジャーキーがお勧め。レストランはここのみ。バラマーケットで出店もしているようなので是非。

 

WEBSITE

 

 

 

 

おかん

 

お好み焼き専門店。ロンドンではまだまだお好み焼きのお店は珍しい。ソースの味が恋しくなったら。

 

WEBSITE

 

 

 

WISHBONE

 

フライドチキンのレストラン。正直、脂っこい。でも、ジャンクな気分の時にはもってこい。韓国風のフライドチキンなんてメニューもあります。

 

WEBSITE

 

 

 

その他にもたくさんのお店が!

 

何と言っても土曜日が一番盛り上がる。

そして毎月第三土曜日はRetro&Vintageマーケットも開催されるので更にたくさんの人々が訪れる。

賑やかなマーケットの気分を味わいたかったら週末に。ちょっと落ち着いた雰囲気を楽しみたいなら平日に。

一つ注意点は通常は8:0023:00営業、月曜日のみは殆どのお店が18:00にクローズ。月曜ディナーになんて思って行ってみたけど何も食べられませんでした、なんてことにならないように。

 

最後に、是非是非ここではハシゴをしよう!いろんなお店でワイン片手にちょっとずつ食べて飲んで、最後にカフェで酔い覚ましにコーヒーとスイーツ。気付いたら朝から晩までなんてことになるのもいいかも。

 

 

 

 

  

    BRIXTON VILLAGE

 

  火曜日~日曜日   8:00-23:30

      月曜日            8:00-18:00

 

  WEBSITE

4 コメント

2012年

9月

20日

Allen

 

 

 

セントラルロンドンで一番古いお肉屋さん。創業1830年、約180年間も営業をしている。老舗だけあり店の外観も重厚感がありお肉屋さんなのに入るのに躊躇してしまう。一歩店内に入るとたくさんの肉塊が出迎えてくれる。

 

オリジナルのホースラディッシュやたくさんのドライハーブ。パイやソーセージ。正にザ・イギリス・ブッチャー。

 

牛、豚、チキン、ラムを中心に販売している。牛肉はスコットランド、ポークはデボン、ラムやチキンもそれぞれ選りすぐりのファームから直送される。

季節限定の品物もあり鹿やウサギ、ウッドピジョンなども運良ければ手に入る。夏過ぎからはシューティングの季節なので普段手に入らないものにもお目見えできる可能性大。

 

お店の営業時間は決まっているが店内は休まることなく24時間営業。なぜなら近隣のレストランやホテルからのオーダーもあるのでそれらの作業をこなすには休む暇はない。このメイフェア近隣は数々の有名レストラン、有名ホテルが軒を連ねる。SCOTTO'Sを始めその殆どがこのAllenから肉を仕入れているという。

 

パイなどなら冷蔵で1週間くらいは保存可能。日本からの旅のお土産に老舗精肉店のオリジナル物もいいかもしれない。

 

 

 

 

Allen

117 Mount Street, W1K 3LA

TEL: +44 (0)844 880 2460

WEBSITE

4 コメント

2012年

7月

28日

THE SPICE SHOP

ウェストロンドンのPortobello Roadからちょっと入ったBlenheim Crescentという通りに黄色の看板がひときわ目立つTHE SPICE SHOPがある。

店内に入るとスパイスの香りがぷうんと漂う。そして棚にぎっしり並べられているスパイスたちに圧倒される。

 

1990Birgitという一人の女性がPortobelloのマーケットにスパイスの露店を出店する。その5年後の1995年に現在の場所に店舗をープン。そして3年程前に彼女は故郷のドイツに帰り、別店舗をオープン。現在、このお店は息子であるPhilipが継いでいる。

 

スパイスは全てBirgitのオリジナルブレンド。ドイツでブレンドしている。世界中の至るところにスパイスのファームを所有しておりそれが全てドイツに渡りBirgitの手にかかる。

 

スパイスは全部で2500種類以上!店頭には全て並べてはいないがそれでも棚にぎっしりとスパイスが並べられている。これだけあると迷ってしまうが、Philipにどういうものを作りたいか、どのくらいの辛さが好みか、など伝えれば見合ったものをお勧めしてもらえる。

 

辛さの表示も数値で表示してある。因みに一番辛いのはNAGA CHILLIS12/18。これが世界で一番辛いらしい。尋常ではない辛さなのであまり辛いもの好きでない方は不用意に手をださないように、とのこと。

 

オリジナルの黄色い缶は並べておくだけでもかわいい。スパイスは1種類(ブレンドなし)£4.95、ブレンドされたもの£5.95。その他オリジナルのエコバックなども販売されている。

これらはお土産にも最適。店頭にはフレッシュチリも売られており、こちらも世界各国のチリが購入できる。 

チリコンカルニ、サウスアフリカンカレー、ジャークチキン、など自宅で簡単に本格的スパイシー料理が作れてしまう。さぁ、今夜は何を作ろう!?

THE SPICE SHOP

1 Blenheim Crescent, London, W11 2EE

TEL: +44(0)2072214448

WEBSITE

4 コメント

2012年

7月

20日

Tongue'n Cheek

ここ数年でストリートフードが盛り上がってきているロンドン。そんなロンドンにイタリアから宣戦布告!して強力な夫婦がやってきた。 

旦那様のCristianoは元々食べるのも作るのも好き。イタリアの食科学大学Università di Scenze Gastronomicheのマスターコースで学んで以来、更に食への執着心が湧く。日本人の奥様の桐絵さんも旦那様同様食べるのも作るのも大好き。そして旦那様の影響で彼女もまた食への探求心が日々パワーアップしているのだそう。そして3歳になる娘も二人の血を引き毎日モリモリ食べ成長真っ盛りだそう。

気軽に食べれるストリートフードに興味を持った二人だが意外にもイタリアにはストリートフード文化があまり浸透しておらず二人の情熱をぶつける場がなかった。そこでわざわざロンドンまで国境を越えてやってきたというわけ。

 

現在提供しているのはPorky Sub(豚のほほ肉とスパイシーコールスローサンド)Heartbreaker Burger(牛ハツのハンバーガー)、牛タンサンド、牛ほほ肉の煮込みなど。

牛タンやほほ肉は70度の低温で24時間調理しているというからかなり手が込んでいる。

実はメインに使われている牛タン、ほほ肉、牛ハツなどは、食の国イタリアでは抵抗なく食べられているが、食に関して内向的なイギリスではあまり食べられない。これは大きな壁だ。

そこをどうにかしてイギリスの人たちにも抵抗なく、いや抵抗があったとしてもおいしい、と言わせるようなメニュー作りを日々試行錯誤している。

 

しかしお客さんはひっきりなしにやってくる。彼らの味が浸透してきている証拠だ。

石頭の食わず嫌い達の心を砕くなんて彼らの努力の賜物だ。

 

ストリートフードを侮るなかれ。二人の熱い魂の一品を是非お試しあれ!

 

Tongue'n Cheek

 

WEBSITE

FACEBOOK

TWITTER

 

 

現在のスケジュール(2012年7月現在)

水曜・木曜 Berwick St Market (Soho)

火曜・金曜 Eat St MarketKings Cross

土曜    Brockley Market (Lewisham College Car Park)

金曜・土曜 Red Market (Old Street) ナイトマーケット

*マーケットの予定は日々変更されますので最新の情報はTwitterなどからご覧ください。

4 コメント

2012年

7月

11日

La Plaza Deli

アンティークマーケットで有名なポートベロー通り。マーケットは金・土曜なのでその他の日は割と多国籍な雰囲気を持っている通り。そんな中にこじんまりとしたスパニッシュスーパーマーケットがある。

 

店内は狭いが商品がぎっしり隙間なく置かれている。商品は全てスペインのもの。お菓子にお酒に

乾物、野菜や魚介類も。そして忘れていはいけない生ハムやチョリソー、自家製のオリーブなど。

 

そしてなんと言っても安い!イベリコハムが100gで£3.5432円)。レストランオーダーしたら数千円とられるだろう。更にこの値段なのに本当においしい!イベリコの深~い味わいで赤ワインなんてあったら止まらなくなる。

 

そんなワインも手頃な価格でおいしいワインをセレクトしているのでハズレがない。

チョリソーやチーズも種類がたくさんあって迷ってしまうが味見もOK、更に好みを言えばそれに合ったものをチョイスしてくれる。

オーナーはもちろんスペインの方。こちらのスーパーとすぐ近くに2軒のスペインバルを経営している。スタッフも全てスペイン人。そしてお客様も近所に住んでいるスペイン人が多い。

 

   イベリコハム200g これで£7(864円)!!
   イベリコハム200g これで£7(864円)!!

常連さんたちが買っているのはバゲットに生ハムをんだ挟んだだけのサンドウィッチ。買ったその場で噛り付く。これを片手に店内もお店の外のちょっとしたカフェスペースでもおしゃべりが始まる。陽気なスペイン語が心地よく飛び交っている。

そしてラテンの空気の中にいると自分の気分もちょっとだけあがる。一人心の中で「オラ~」なんて言ってみたりする。

 

ちょっと落ち込んだ時はあのバゲットを買ってみようかな。きっと元気がでるに違いない。

 

La Plaza Deli

288 Portbello Road, London, W10 5TE

TEL +44 02089680900

www.laplazatapasbar.com

 

 

 

**レストランのアドレス**

 

La Plaza Spanish Tapas Bar

74 Tavistock Road, London, W11 1AN

TEL +44 02072295995

 

LA BODGA RESTAURANT

78 Tavistock Road, Lodon, W11 1AN

TEL +44 02077275660

 

4 コメント

2012年

7月

09日

flat white.

美味しいコーヒーが飲めると評判のソーホー地区にあるフラットホワイト。

オーストラリアとニュージランド出身のオーナーが手掛けるカジュアルなカフェ。

一番の人気メニューはお店の名前にもなっているフラット・ホワイト。コーヒーメニューとしての歴史は浅く、オーストラリア発かニュージーランド発かで二カ国がいつも口論になっているという曰くつき(?)のメニュー。

カプチーノよりエスプレッソの量が多いのでガツンとパワフルなカプチーノといった感じ。

豆はSquare Mileというワールドチャンピオンにもなっているイギリスの会社がローストしてブレンドをしている。いつも同じ豆ではなく気候などで豆の味にも変化があるので毎シーズン、テイスティングしながらどんなブレンドにするかを決めているのだそう。

このソーホー地区は映画会社や雑誌社などが多いので平日は会社員やアーティスト、または学生のお客さんが多くテイクアウトが圧倒的に多いそう。週末は打って変わってオセアニアからの観光客が多く大体の方がゆっくり時間を過ごすそう。

 

近くには同じオーナーのお店、Milkbarというカフェがありそちらも同じコーヒーを使っている。こちらは現在、ベジタリアンカフェになっている。

 

イギリスと言えば紅茶の国。といってもコーヒー人口はかなり多い。

それなのに美味しいコーヒーを飲めるところは少ない。

ここはロンドン・センターで気軽に美味しいコーヒーを頂ける貴重な一軒。

 

私はあまりコーヒーを飲まないほうだが、日本の“コーヒーのおいしい”と言われている拘りマスターが淹れる静か~な喫茶店の「ブレンドコーヒー」が懐かしい。

flat white.

17Berwick Street, London

W1F 0PT

TEL +44 02077340370

 

Open

平日 8001900

週末 9001800

不定休

4 コメント

2012年

7月

07日

Farmers Market

週末になるとロンドンの至るところでFarmers Marketが開催されています。規模は様々で一日で回るのが大変なほど大きいものもあれば数軒でこじんまりのところも。その名の通り農園や牧場から産地直送。新鮮で安価なものが手に入ります。イギリスはお肉がイマイチ。スーパーで買おうものならゴムのように噛みきれないお肉や獣臭くて食べれないようなものが多いです。そこでこの市場を利用するのが一番!と私は思っています。大量生産されず丁寧に育てられているのでやはり美味しい。作り手の方も自信を持って出しています。まぁ、お客さんの生の声を聞けるのでヘタなものは出せませんよね。同じところに何度も通うと”あ、野菜はこのお店がおいしい””豚肉買うならここだよね”と更に通になっていきます。

 

本日ご紹介するのは我が家の近所で行われているNotting Hill Farmers Market。ここは毎週土曜日9:00~13:00開催。ちょっと寝坊すると見逃してしまいます。

そしてここは割と小規模のマーケット。といってもとても充実しています。お野菜、お肉、お魚、果物、乳製品、などなどほとんど全ての食材が揃うと言っても過言ではありません。

                   大きなフライパンで焼いています
                   大きなフライパンで焼いています
    一番右にあるのがブラウンソース
    一番右にあるのがブラウンソース

私のお気に入りはお肉屋さんが出している、日本でいうなら屋台のサンドウィッチ屋さん。ここのベーコンorソーセージサンドは絶品です。とてもシンプルでホワイトかブラウンのパンにベーコン、ソーセージ、卵のうち好きなものをチョイス。味付けはケチャップ、マスタード、ブラウンソース(日本で言う中濃ソース)を自身で。

 

私はソーセージ&半熟卵をブラウンパンでマスタードたっぷり。

娘も大好物でソーセージとベーコンをパンはホワイトで味付けはケチャップを少々。

 

同じベーコンとソーセージを買って帰ったことがあるのですがここで食べるのと何だか違う。。焼き方のせいなのか、このマーケットで食べるという雰囲気で美味しさが増しているのか。とにかくここで食べるのが美味しいのです。

 

そして他のマーケットにはまた違ったお勧めがあるはず。それを探索するのも楽しみの一つです。

こうしたマーケットはローカルな気分も味わえます。更に評判もわからないレストランに入って失敗するよりよっぽど美味しいものが食べられます。 

地元の方はもちろん観光でロンドンに来ているかたも是非一度はFarmers Marketへ。

 

ロンドン一と言われているBorough Market。ここは本当に広い!近いうちこちらも是非ご紹介したいと思います。

 

 

4 コメント