Instagram

Categories

2015年

8月

15日

Bettys



Betty’sは今から約100年前にイギリスの北、Harrogateでオープンしたカフェ。

スイス人のFrederick Belmontはケーキ作りの職人、今で言うパテシエでした。彼はヨーロッパを旅し、自信のスキルを磨いていましたがこのHarrogateに到着した際、故郷スイスと気候や景観が似ていた為か、この場所が気に入り留まることになりました。


そして1919年にBettysが始まります。

    


そして今では店舗数は6店舗。  


 全ての店舗がHarrogateを中心に点在するのでイギリス北部にしか存在しません。


スイーツはFredrickがスイス人だったこともあり、チョコレートなどはスイスチョコに近いです。 

 ケーキはイギリススタイルのアイシングケーキからフレッシュクリームを使用するまでバリエーション豊か。

見た目とは違い以外にも甘さは控えめ 。

  


そして何と言ってもオススメはアフタヌーンティー!

開店と同時に行列ができます。待つのが嫌いなイギリス人達を並ばしてしまう程魅力的なのです。   

カフェメニューも豊富でスイススタイルのマカロニチーズや地元の食材を使用するサンドウィッチなどもあり、アフタヌーンティーはちょっとね、、なんていう男性とも問題なし 

  



更にオリジナルの紅茶やコーヒーもあります。 

Bettysのオリジナルブレンドの紅茶はパッケージも可愛くお土産にも最適。


最後に一つトリビア。 

 Bettysの「ベティとは一体誰?」、これは100年の時を超えて今でも謎のまま。

Fredrickがいない今となっては永遠のミステリーなのです。   




Bettys

(本店)


1 Parliament Street, Harrogate

HG1 2QU


WEBSITE

0 コメント

2013年

2月

13日

Antoni&Alison

Antoni BurakowskiAlison Robertが今から25年前、1987年にスタート。大学で知り合った二人はすぐに共に活動するようになりそれ以来の仕事のパートナーであり大の親友。

 

 

 

ショップはAntoniが長年住んでいるセンターとシティの間、Mount Present。ロンドンのど真ん中の割には静かな場所。

 

丁度Y字路の角にあるショップは立地上、窓が多く、いつでも自然光が差し込んでいる。

1Fがショップ、2Fはティールーム、地価はテンポラリーのイベントスペースになっている。

 

2FSuper Modernティールームはオープンしたばかり。

こちらのお勧めは手作りのSuper Modernビスケット。半分がモダン半分がノスタルジックというイメージになっている。

 

奇抜な絵柄や文字を巧みに使ったデザインなどどれも存在感のあるものばかり。

ビクトリアンスタイルに強く影響を受けたという二人。そのデザインは常にハイテクとローテクのミックスを意識しているという。ローテクとはノスタルジック、彼らにとってのビクトリアン朝からイメージを。ハイテクとはいわゆる現代、彼らの生きてきた時代の中の写真や記憶などからイメージをもらうのだそう。

 

既に日本でもたくさんのファンがおり、BeamsやTomorrow Landなどで取り扱われている。

 

そしてデザインの全てが二人の共同作業。

一つくらい個々のデザインもあるのでは?と尋ねると「それは一つもない!」とのこと。

AntoniAlisonがお互いを補い初めてAntoni&Alisonになる。

長年の夢だった“ティールーム”をオープンしてうれしそうな二人。二人の友情が続く限りAntoni&Alisonは不滅です!

 

 

 

 

Antoni&Alison

43 Rosebery Avenue, London, EC1R 4SH

TEL: +44(0) 2078332141

WEBSITE

4 コメント

2012年

11月

08日

Satski Gamble

ギャンブル五月さんは世界で活躍するかっこいい女性の一人だろう。

Sex and the cityでお馴染みのニューヨークのMagnolia Bakery。ここで6年間カップケーキとデコレーションの修行を積む。元々、ヘナアーティストなどをしていてか手先が器用だったのでカップケーキのデコレーションは彼女の天職と言えるかのように数々の美しいカップケーキを作り出す。

 

 

 

こんな繊細で美しいデコレーションをするのだからさぞかしおしとやかで、人差し指でつついただけで倒れてしまうようなか弱い女性なのかと思いきや、イメージしたいたお方とは真逆に近い。

 

チャーミングな見た目からは想像もつかないサバサバとした性格。ミュージシャンでキタリストもやっていたとのことでロックな雰囲気も醸し出すかっこいい女性。ケーキ作りもテキパキ、デコレーションも素早く正に職人。

 

そんな彼女の歩んできた道はまさに山あり谷あり、そしてアメリカンドリーム!

 

1998年~2004年の間Magnolia Bakeryで働きつつバンド活動も行う。そのバンドがなんとレコード契約!そこで渡英。しかし、この契約は流れてしまう。何故イギリスに来たの?、今後はどうなるの?、失意の中ハイドパークの美術館でぼんやりベンチに腰かけていると隣に男性が。何となく話し電話番号を交換する。その後、連絡をとるようになりデートを重ねたこの方が今の旦那様。

 

2006年に結婚をし、その後はお堅い職場でOL。何か違う、もっと何かしたい、と思っている中、今度はリストラ。

そんな頃、ロンドンではNY10年遅れてカップケーキブームが。だがロンドンで出されているカップケーキは“ホンモノ”を知る彼女からすればニセモノ。ならばホンモノを伝えよう!と思い立ちカップケーキビジネスを設立。

 

その後、レッスンなどを開催し次第に人気に火がつく。だがそこで終わる彼女ではない。もっと広めたい!そして書籍化を企てる。自身で数々の出版社にオファーをしたところ一つの出版社が興味を持ってくれる。そして2011年に「ニューヨーク仕込みのカップケーキとデコレーション」を出版。

 

 

本の出版は彼女の一つの夢でもあった。そんな気持ちもありこの本には数々の彼女の思いがつまっている。

レシピは簡単で分かりやすく、日本人なら誰もが持っているお米の軽量カップのみで量れるようにした。写真は彼女の友人が撮影、小物やセットなども全て自身で揃えた。レシピとレシピの間にはNY情報や彼女に起こった素敵な小話。そしてとっておきはページの端にあるパラパラ漫画風カップケーキデコレーション!

ただのレシピ本ではなく何重にも楽しませてくれる。

 

 

 

現在は1歳半になる愛息と運命的な出会いをした旦那様とロンドン郊外のお屋敷に暮らしている。そしてここでカップケーキレッスンも行っている。広いお庭で息子と遊ぶ姿はゆっくりした時間を過ごしているように見えるがまだまだ彼女は忙しい。先日は日本でのカップケーキレッスン。来週には新宿伊勢丹でのイベントとイギリスと日本をいったりきたり。

まだまだ彼女の波乱万丈は続く。

 

 

夢は叶う、と彼女は言う。でも、それはただ願う人に叶うのではない。そこには努力も必要。彼女のバイタリティを見ていると自分も頑張ろうと元気が湧く。

彼女のカップケーキ、美しさだけでなく人生に勇気をも与えてくれる。

 

Satski GambleさんのウェブサイトButterdrop

レッスン情報やイベント情報はこちらから 

WEBSITE 

**************************************************************************

新宿伊勢丹のイベント

『聖夜の茶ガール、ニューヨークへ行く』

 

日時: 20121116日(金)~18日(日)

    16301700

    *イベントは1114日~27

 

場所: 新宿伊勢丹5F

 

詳細: WEBSITE

クリスマス仕様のレッドベルベット・カップケーキをお茶会のお菓子として提供

させていただく他、レシピ本の販売、そしてマグノリア・ベーカリー仕込みのカ

    ップケーキ・デコレーションのデモンストレーションを行います。

**************************************************************************

 

Satski Gamble

 

茨城県生まれ。1995年渡米。ニューヨーク州立大学卒業後、Magnolia Bakery6年間ケーキ・デコレーターとして修行。

2006年に渡英。2010年にカップケーキビシネスButterdropを設立。2011年にカップケーキのレシピ本、「ニューヨーク仕込みのカップケーキとデコレーション」を出版。

現在は自宅でのカップケーキレッスンや日本でのレッスン、イベントなど多岐に渡り活躍中。

WEBSITE

3 コメント

2012年

8月

09日

LANKA

 

もはやここで紹介するまでもなく有名なお店。ロンドンに住んでいる日本人で知らない人はいないのではないでしょうか。

Lankaはロンドンでは珍しく繊細で甘さ控えめの美しいスイーツが食せる貴重なお店。

 

シェフである羽良正幸氏は九州でフレンチの修行をしていた。その時に敬愛していたシェフから英国唯一のミシュラン三ツ星、ル・ガブロッシュを紹介してもらい渡英。7年間、料理とデザートを学ぶ。その後、数々の星付きレストランで経験を積み独立。ハムステッドのマーケットでスイーツの販売からスタートする。マーケットで人気を得、たくさんの顧客を付けてその後はポップアップショップをオープン。そしてケータリング会社を設立し、2010年にPrimrose Hill店をオープン、2012年に2店舗目となるFinchley Road店をオープンし現在に至る。

 

ケータリングはフィンガーフード一人£20~、フォークビュッフェ一人£30~、要予約。

プライベートダイニングも行っており、シェフが自宅に訪問してその場で作ってくれる。こちらももちろん要予約。その他、お料理教室なども開催している。詳しい詳細はWEBSITEでチェック。

 

店内は基本的にスイーツとお茶などの販売とカフェスペース。ケーキは小ぶりで見た目にもかわいらしい。そして何と言っても丁度良い甘みで1つ食べるともう一つ、そして更に、といくつでも食べたくなってしまう。

人気はフルーツたっぷりのロールケーキや栗が濃縮されているモンブランなど。そして意外にもRum baba、通称サバラン(ブリオッシュにラム酒などを付け、中に生クリームを入れたもの)が英国の老婦人に人気なのだとか。何でも、50年代にイギリスでサバランブーム。その時を懐かしんで購入していく方が多いのだそう。ブリオッシュには丁度良い加減で洋酒が浸されていて甘すぎない生クリームとの相性が抜群。ミルクたっぷりの紅茶と合いそう。

ケーキはホールで購入も可能。現地の方々にはグリーンティのガトーショコラやグリーンティータルトが人気。日本人の方にはやはり抹茶ショートケーキ!こちらはお誕生日のケーキにも最適。

コーヒーはロンドンのMonmouth Coffeeを使用。

そして紅茶は全てスリランカ産。イギリスで唯一手に入るこの紅茶たちはスリランカのユーフォリアムとのコラボレーション。フラワーフレーバーの物が多く色々な種類を試してみたくなる。羽良さんの奥様のお勧めはGreen Tea Paradise。緑茶にコーンフラワーやバラの花びらなどがブレンドされていてホットでもアイスでもいただけるお茶だ。

美味しい紅茶を見つけるために何度となくスリランカまで足を運んでいるのだそう。実はお店の名前の“LANKA”、スリランカ(Sli Lanka)のLanka(島)が由来なのだそう。

 

 

今日もこのスイーツの小さな島にしばしの休息を求めて足が向いてしまいそう。

Lanka

 

Primrose Hill Shop

71 Regents Park Road, London NW1

TEL: +44(0)2074832544
Tue-Sat 9:00-18:30
Sun 9:00-17:30
Mon Closed

Finchley Road Shop

9 Goldhurst Terrace, London NW6 3HX

TEL: +44(0)2076253366
Mon-Sat 10:30-18:30
Sun 11:00-17:00

 

WEBSITE

4 コメント