Instagram

Categories

2016年

3月

19日

Good & Proper Tea

 

 

 

 

イギリスと言えば紅茶ですが、ロンドンでは今、紅茶以外のお茶が大人気です。

   Good & Proper Teaは、緑茶、中国茶、抹茶、フュージョンティーといった様々な種類のお茶を、お手頃価格で楽しむ事が出来る注目のお店です。

 

 

 

元々移動式のヴァンでお茶を販売していたエミリーが、ロンドン東部の人気エリア、Old Street 駅から徒歩1分の所に、こぢんまりとした可愛らしいお茶の専門店を開店しました。暖かい店内は、お茶の良い香りで溢れています。    

 

 

 

テイクアウェイは£2.40~3.0で、高級中国茶であるSilver needleも、お手頃価格。

「高くするのは簡単だけど、皆にもっと気軽にお茶にトライしてもらいたくて。」

との事。

もちろん店内でもお茶を楽しむ事が出来ます。注文したお茶の説明や淹れ方を書いたカードと一緒に、ガラスポットと専用の木製トレーでサーブしてもらえます。(テイクアウェイでもこのカード頂けるそうです!)    

 

このお店のこだわりは、このSteampunk (スチームパンク)というマシーン。なんとタブレットに入れた専用アプリで、細かい抽出の設定や操作が出来ます。このマシーンを使うことで、それぞれのお茶に最適な淹れ方を正確に行う事ができる優れもの。スチーム圧を利用してお湯を上下運動させ、均一な蒸らしと撹拌によってお茶を抽出します。    

 

このマシーンは元々コーヒーの為に開発されたもので、日本でも新しいコーヒーやお茶の抽出方法として注目を浴びています。この画期的なハイテクマシーンを取り入れているお茶の専門店はロンドンではここだけ。茶葉が瞬間はまるでしっかり決められた設定で抽出したお茶は、香りが一層深く、甘みが引き出されています。    

 

 

 

テイクアウェイのカップの蓋にもエミリーのこだわりが光ります。通常の蓋だとお茶の香りが楽しめませんが、このスペシャルな蓋は、中心に穴があるので、外でもお茶の香りを楽しみながら飲む事が出来ます。    

 

お茶受け菓子として提供されている自家製クランペットもオススメ。クランペットはイギリス発祥の、もちもちの小さなパンケーキのようなお菓子です。甘いジャムをつけたり、チーズ&ハムといった軽食スタイルも人気とのこと。    

 

茶器や、茶葉を自宅用に購入する事も可能です。ラベルに何杯飲めるかが書いてあるのが嬉しい。お徳用サイズもあるそうなので、メールに気軽に問い合わせてね!とのこと。    

 

今後フレーバーティーも始めたいと笑顔で話してくれたエミリー。是非この機会に、足を運んでみてください。    

 

今後フレーバーティーも始めたいと笑顔で話してくれたエミリー。是非この機会に、足を運んでみてください。    

 

 

Good & Proper Tea

Unit E, The Bower,EC1V 9NR

 

Opening Hour

Mon-Fri: 8am-6pm

Sat: 10am-4pm

Sun: Closed

 

Website

 

written by Yui Takahashi

0 コメント

2015年

8月

15日

Bettys



Betty’sは今から約100年前にイギリスの北、Harrogateでオープンしたカフェ。

スイス人のFrederick Belmontはケーキ作りの職人、今で言うパテシエでした。彼はヨーロッパを旅し、自信のスキルを磨いていましたがこのHarrogateに到着した際、故郷スイスと気候や景観が似ていた為か、この場所が気に入り留まることになりました。


そして1919年にBettysが始まります。

    


そして今では店舗数は6店舗。  


 全ての店舗がHarrogateを中心に点在するのでイギリス北部にしか存在しません。


スイーツはFredrickがスイス人だったこともあり、チョコレートなどはスイスチョコに近いです。 

 ケーキはイギリススタイルのアイシングケーキからフレッシュクリームを使用するまでバリエーション豊か。

見た目とは違い以外にも甘さは控えめ 。

  


そして何と言ってもオススメはアフタヌーンティー!

開店と同時に行列ができます。待つのが嫌いなイギリス人達を並ばしてしまう程魅力的なのです。   

カフェメニューも豊富でスイススタイルのマカロニチーズや地元の食材を使用するサンドウィッチなどもあり、アフタヌーンティーはちょっとね、、なんていう男性とも問題なし 

  



更にオリジナルの紅茶やコーヒーもあります。 

Bettysのオリジナルブレンドの紅茶はパッケージも可愛くお土産にも最適。


最後に一つトリビア。 

 Bettysの「ベティとは一体誰?」、これは100年の時を超えて今でも謎のまま。

Fredrickがいない今となっては永遠のミステリーなのです。   




Bettys

(本店)


1 Parliament Street, Harrogate

HG1 2QU


WEBSITE

0 コメント

2015年

8月

04日

Bolney Wine Estate



 ビールのイメージが強いイギリスも、ここ数年はワインブーム。ブドウ畑は年々増えていて、イギリス南部にはワイナリーが点在しています。ロンドンからほど近いサセックス州のBolney Wine Estateもそんなワイナリーのひとつ。カフェと郵便局を併設した、小さな家族経営のワイナリーです。



高速道路をおりて少しすると、ひょっこり現れるワイナリー。イギリスでは見渡すかぎりのブドウ畑を期待してはダメ。この国のワイン市場はまだまだ小規模なのです。

   


でもその分、ワイナリーツアーはとてもフレンドリー。世界各国のワイン事情を織り交ぜながら、イギリスワインの歴史についてわかりやすく説明してくれます。 


   ブドウ畑へ移動したら、栽培のお話。寒冷地のブドウはスパークリング向きと言われ、イギリスでも国内生産量の半分以上をスパークリングが占めていました。

日本を始め、海外への輸出もほとんどがスパークリング。最近は白ワインや赤ワインも作られているものの、「試しに植えたメルローはうまく育たなかった」なんてエピソードは、イギリスワインがまだ発展途上なことを感じさせます。


ブドウは5月前半に芽吹き始め、イギリスでの収穫は10月初旬頃。緑でいっぱいのブドウ畑を見たいなら7月以降がおすすめです




工場で醸造工程の説明を聞いたら、最後はお楽しみのテイスティング! 


 


 3種類のワインが試飲できます。この日はイギリスのソーヴィニヨン・ブランと言われるバッカスや、めずらしい赤のスパークリングを。




もちろん併設のカフェでもワインはオーダー可能。ツアーの試飲で飲み足りなかったら、カフェで個人的にテイスティングの続きを楽しもう。    



おすすめはやっぱりスパークリング。金賞を受賞したBlanc de Blancは、イギリスらしいクリスピーさとエレガントさが魅力だ。ロンドンからのんびりドライブを楽しむもよし、ブライトンやルイスへ出かけた帰りに立ち寄るもよし。週末のお出かけにぴったりのロケーションが嬉しい。


 現在もイギリス国内で消費するワインのほとんどは輸入に頼っていて、ワイン生産国として知られる国々とは比べものにならないほど、その栽培面積も生産量もはるかに少ない。


でもまだ世界に知られていないイギリスワインに目を向けるなら今。イギリスの短い夏を楽しむお供に、お気に入りの地元ワインを見つけてみてはいかが? 


この夏はロゼがひそかなブームだそう。今後のイギリスワインの成長が楽しみだ。

written by Aki Akida



Bolney Wine Estate

Foxhole Lane, Bolney, Haywards Heath, RH17 5NB

ロンドンから車で1時間強


Taster Tourは二人で£32、

他にアフタヌーンティー付きグルメツアーもあり。

ツアーは事前に要予約


WEBSITE

0 コメント

2014年

12月

05日

BISCUITEERS


ビスケットの専門店BISCUITEERS。

入り口、いや外観からもうそれは夢の世界。一歩中へはいると一瞬目眩いをしてしまうほどのかわいいビスケット達が出迎えてくれる。 


  

   

 

ビスケットは季節によってバリエーションが変わる 。   

 

もちろん今はクリスマス!サンタやトナカイ、キリスト誕生のNativityなど、もうどれを見てもツボを押さえたデザインと絶妙なカラーに心を奪われる  。

 

ビスケットは1枚から購入可能。セットになった缶売りのものはその缶自体もかわいいのでビスケットを食べ終わっても楽しめる。ビスケット1枚を入れる箱もしっかりとしたオリジナルデザインの箱で小物入れにして再活用したくなる。 

 

  




賞味期限は3週間あるので定番のロンドンシリーズやジンジャーマンブレッド、クイーンシリーズなどはお土産にも最適 。

  

 

 

イギリスならではのアイシングで飾り付けられたビスケット。日本ではまだまだ馴染みが薄い小麦粉と砂糖で作るアイシングはコーティングすることにより日持ちもするし、何と言ってもデコレーションのバラエティが豊富。 

 

このアイディアやデザインはBISCUITEERSのチームが定期的に打ち合わせをして決めているのだそう。 

 

 

現在、ロンドンに2店舗。ノッティングヒルと数週間前にオープンしたバタシーのお店。店内ではビスケットの他、チョコレートやアイシングケーキ、ビスケット作りに必要なお菓子作りキットや型抜きなども置いている。そのどれをとっても“かわいい”につきる。    

  

Biscuiteersのデコレーション本も出版されています。


カフェも併設しているので買ったばかりのビスケットを頬張りながらイギリス風にミルクティーなんていうことも。 



更にはアイシング教室も開催しているので型抜きされたプレーンなビスケットに自分オリジナルのアイシングもできる。  



兎にも角にもここにいる間は誰もが“女の子”。終始「可愛い」&溜め息 。


イギリスの定番とも言えるアイシングビスケット、折角ロンドンにいるのなら是非このお店に来てラブリーでゴージャスなザ・ベストを体験してみて。  

 

 

BISCUITEERS

 

Notting Hill

194 Kensington Park Road, W11 2ES

TEL: +44(0)207 727 8096

 

 

Battersea

13 Northcote Road, SW11 1NG

TEL: +44(0)207 924 5488

 

WEBSITE

2014年

8月

11日

Prufrock Coffee