Instagram

Categories

2016年

3月

19日

Good & Proper Tea

 

 

 

 

イギリスと言えば紅茶ですが、ロンドンでは今、紅茶以外のお茶が大人気です。

   Good & Proper Teaは、緑茶、中国茶、抹茶、フュージョンティーといった様々な種類のお茶を、お手頃価格で楽しむ事が出来る注目のお店です。

 

 

 

元々移動式のヴァンでお茶を販売していたエミリーが、ロンドン東部の人気エリア、Old Street 駅から徒歩1分の所に、こぢんまりとした可愛らしいお茶の専門店を開店しました。暖かい店内は、お茶の良い香りで溢れています。    

 

 

 

テイクアウェイは£2.40~3.0で、高級中国茶であるSilver needleも、お手頃価格。

「高くするのは簡単だけど、皆にもっと気軽にお茶にトライしてもらいたくて。」

との事。

もちろん店内でもお茶を楽しむ事が出来ます。注文したお茶の説明や淹れ方を書いたカードと一緒に、ガラスポットと専用の木製トレーでサーブしてもらえます。(テイクアウェイでもこのカード頂けるそうです!)    

 

このお店のこだわりは、このSteampunk (スチームパンク)というマシーン。なんとタブレットに入れた専用アプリで、細かい抽出の設定や操作が出来ます。このマシーンを使うことで、それぞれのお茶に最適な淹れ方を正確に行う事ができる優れもの。スチーム圧を利用してお湯を上下運動させ、均一な蒸らしと撹拌によってお茶を抽出します。    

 

このマシーンは元々コーヒーの為に開発されたもので、日本でも新しいコーヒーやお茶の抽出方法として注目を浴びています。この画期的なハイテクマシーンを取り入れているお茶の専門店はロンドンではここだけ。茶葉が瞬間はまるでしっかり決められた設定で抽出したお茶は、香りが一層深く、甘みが引き出されています。    

 

 

 

テイクアウェイのカップの蓋にもエミリーのこだわりが光ります。通常の蓋だとお茶の香りが楽しめませんが、このスペシャルな蓋は、中心に穴があるので、外でもお茶の香りを楽しみながら飲む事が出来ます。    

 

お茶受け菓子として提供されている自家製クランペットもオススメ。クランペットはイギリス発祥の、もちもちの小さなパンケーキのようなお菓子です。甘いジャムをつけたり、チーズ&ハムといった軽食スタイルも人気とのこと。    

 

茶器や、茶葉を自宅用に購入する事も可能です。ラベルに何杯飲めるかが書いてあるのが嬉しい。お徳用サイズもあるそうなので、メールに気軽に問い合わせてね!とのこと。    

 

今後フレーバーティーも始めたいと笑顔で話してくれたエミリー。是非この機会に、足を運んでみてください。    

 

今後フレーバーティーも始めたいと笑顔で話してくれたエミリー。是非この機会に、足を運んでみてください。    

 

 

Good & Proper Tea

Unit E, The Bower,EC1V 9NR

 

Opening Hour

Mon-Fri: 8am-6pm

Sat: 10am-4pm

Sun: Closed

 

Website

 

written by Yui Takahashi

0 コメント

2015年

8月

04日

Bolney Wine Estate



 ビールのイメージが強いイギリスも、ここ数年はワインブーム。ブドウ畑は年々増えていて、イギリス南部にはワイナリーが点在しています。ロンドンからほど近いサセックス州のBolney Wine Estateもそんなワイナリーのひとつ。カフェと郵便局を併設した、小さな家族経営のワイナリーです。



高速道路をおりて少しすると、ひょっこり現れるワイナリー。イギリスでは見渡すかぎりのブドウ畑を期待してはダメ。この国のワイン市場はまだまだ小規模なのです。

   


でもその分、ワイナリーツアーはとてもフレンドリー。世界各国のワイン事情を織り交ぜながら、イギリスワインの歴史についてわかりやすく説明してくれます。 


   ブドウ畑へ移動したら、栽培のお話。寒冷地のブドウはスパークリング向きと言われ、イギリスでも国内生産量の半分以上をスパークリングが占めていました。

日本を始め、海外への輸出もほとんどがスパークリング。最近は白ワインや赤ワインも作られているものの、「試しに植えたメルローはうまく育たなかった」なんてエピソードは、イギリスワインがまだ発展途上なことを感じさせます。


ブドウは5月前半に芽吹き始め、イギリスでの収穫は10月初旬頃。緑でいっぱいのブドウ畑を見たいなら7月以降がおすすめです




工場で醸造工程の説明を聞いたら、最後はお楽しみのテイスティング! 


 


 3種類のワインが試飲できます。この日はイギリスのソーヴィニヨン・ブランと言われるバッカスや、めずらしい赤のスパークリングを。




もちろん併設のカフェでもワインはオーダー可能。ツアーの試飲で飲み足りなかったら、カフェで個人的にテイスティングの続きを楽しもう。    



おすすめはやっぱりスパークリング。金賞を受賞したBlanc de Blancは、イギリスらしいクリスピーさとエレガントさが魅力だ。ロンドンからのんびりドライブを楽しむもよし、ブライトンやルイスへ出かけた帰りに立ち寄るもよし。週末のお出かけにぴったりのロケーションが嬉しい。


 現在もイギリス国内で消費するワインのほとんどは輸入に頼っていて、ワイン生産国として知られる国々とは比べものにならないほど、その栽培面積も生産量もはるかに少ない。


でもまだ世界に知られていないイギリスワインに目を向けるなら今。イギリスの短い夏を楽しむお供に、お気に入りの地元ワインを見つけてみてはいかが? 


この夏はロゼがひそかなブームだそう。今後のイギリスワインの成長が楽しみだ。

written by Aki Akida



Bolney Wine Estate

Foxhole Lane, Bolney, Haywards Heath, RH17 5NB

ロンドンから車で1時間強


Taster Tourは二人で£32、

他にアフタヌーンティー付きグルメツアーもあり。

ツアーは事前に要予約


WEBSITE

0 コメント

2013年

4月

30日

Brixton Village

 

 

 

 

ロンドン南部にあるブリクストン。以前は治安が悪いと言われていた地域。

地元の活性化のために住民たちが力を合わせ、今ではちょっとしたオシャレスポットになるまで成長した。

 

その活性化の一つにブリクストン・マーケットの開催がある。このブリクストン・ヴィレッジはそのマーケットの中にある、言ってみれば食堂街。

 

ブリクストン・ヴィレッジはBrixton駅から歩いてすぐ、Atrantic Roadを下ると左手に“Brixton Village”の看板が見えてくる。入口からはアーケードになっており、中へ入ると賑やかなマーケットとレストランたちが。マーケットでは世界の雑貨、食料品、新鮮な食材を売る、八百屋や魚屋などが立ち並ぶ。

 

 

 

全ては紹介できないのでいくつかオススメをご紹介。

 

 

FRANCO MANCA

 

いつも行列のできているピザ屋さん。基本メニューはピザのみ。生地がもっちりしているが軽いので一人一枚余裕で食べれてしまう。ロンドンに数店舗あり。

 

WEBSITE

 

 

 

HONEST BURGERS

 

イギリスの食材のみで作るハンバーガーのお店。Brixton Village内でも12位を争う人気店では!? こちらも並ぶことを覚悟。SOHOにもう一店舗あり。

 

WEBSITE

 

 

 

SENZALA

 

ガレット専門店。フランスで食べるより美味しいのでは!? と言われるほど。やっぱりハム&チーズがお勧め。店舗はここのみ!

 

ADRESS4142 Brixton Village, London, SW9 8PS

 

 

 

Cannon&Cannon

 

モダンブリティッシュのタパスレストラン、と表現します。小皿料理やおつまみがたくさん。是非ワインと共に。イギリスで作られる鹿肉のジャーキーがお勧め。レストランはここのみ。バラマーケットで出店もしているようなので是非。

 

WEBSITE

 

 

 

 

おかん

 

お好み焼き専門店。ロンドンではまだまだお好み焼きのお店は珍しい。ソースの味が恋しくなったら。

 

WEBSITE

 

 

 

WISHBONE

 

フライドチキンのレストラン。正直、脂っこい。でも、ジャンクな気分の時にはもってこい。韓国風のフライドチキンなんてメニューもあります。

 

WEBSITE

 

 

 

その他にもたくさんのお店が!

 

何と言っても土曜日が一番盛り上がる。

そして毎月第三土曜日はRetro&Vintageマーケットも開催されるので更にたくさんの人々が訪れる。

賑やかなマーケットの気分を味わいたかったら週末に。ちょっと落ち着いた雰囲気を楽しみたいなら平日に。

一つ注意点は通常は8:0023:00営業、月曜日のみは殆どのお店が18:00にクローズ。月曜ディナーになんて思って行ってみたけど何も食べられませんでした、なんてことにならないように。

 

最後に、是非是非ここではハシゴをしよう!いろんなお店でワイン片手にちょっとずつ食べて飲んで、最後にカフェで酔い覚ましにコーヒーとスイーツ。気付いたら朝から晩までなんてことになるのもいいかも。

 

 

 

 

  

    BRIXTON VILLAGE

 

  火曜日~日曜日   8:00-23:30

      月曜日            8:00-18:00

 

  WEBSITE

4 コメント

2012年

9月

20日

Allen

 

 

 

セントラルロンドンで一番古いお肉屋さん。創業1830年、約180年間も営業をしている。老舗だけあり店の外観も重厚感がありお肉屋さんなのに入るのに躊躇してしまう。一歩店内に入るとたくさんの肉塊が出迎えてくれる。

 

オリジナルのホースラディッシュやたくさんのドライハーブ。パイやソーセージ。正にザ・イギリス・ブッチャー。

 

牛、豚、チキン、ラムを中心に販売している。牛肉はスコットランド、ポークはデボン、ラムやチキンもそれぞれ選りすぐりのファームから直送される。

季節限定の品物もあり鹿やウサギ、ウッドピジョンなども運良ければ手に入る。夏過ぎからはシューティングの季節なので普段手に入らないものにもお目見えできる可能性大。

 

お店の営業時間は決まっているが店内は休まることなく24時間営業。なぜなら近隣のレストランやホテルからのオーダーもあるのでそれらの作業をこなすには休む暇はない。このメイフェア近隣は数々の有名レストラン、有名ホテルが軒を連ねる。SCOTTO'Sを始めその殆どがこのAllenから肉を仕入れているという。

 

パイなどなら冷蔵で1週間くらいは保存可能。日本からの旅のお土産に老舗精肉店のオリジナル物もいいかもしれない。

 

 

 

 

Allen

117 Mount Street, W1K 3LA

TEL: +44 (0)844 880 2460

WEBSITE

4 コメント

2012年

7月

28日

THE SPICE SHOP

ウェストロンドンのPortobello Roadからちょっと入ったBlenheim Crescentという通りに黄色の看板がひときわ目立つTHE SPICE SHOPがある。

店内に入るとスパイスの香りがぷうんと漂う。そして棚にぎっしり並べられているスパイスたちに圧倒される。

 

1990Birgitという一人の女性がPortobelloのマーケットにスパイスの露店を出店する。その5年後の1995年に現在の場所に店舗をープン。そして3年程前に彼女は故郷のドイツに帰り、別店舗をオープン。現在、このお店は息子であるPhilipが継いでいる。

 

スパイスは全てBirgitのオリジナルブレンド。ドイツでブレンドしている。世界中の至るところにスパイスのファームを所有しておりそれが全てドイツに渡りBirgitの手にかかる。

 

スパイスは全部で2500種類以上!店頭には全て並べてはいないがそれでも棚にぎっしりとスパイスが並べられている。これだけあると迷ってしまうが、Philipにどういうものを作りたいか、どのくらいの辛さが好みか、など伝えれば見合ったものをお勧めしてもらえる。

 

辛さの表示も数値で表示してある。因みに一番辛いのはNAGA CHILLIS12/18。これが世界で一番辛いらしい。尋常ではない辛さなのであまり辛いもの好きでない方は不用意に手をださないように、とのこと。

 

オリジナルの黄色い缶は並べておくだけでもかわいい。スパイスは1種類(ブレンドなし)£4.95、ブレンドされたもの£5.95。その他オリジナルのエコバックなども販売されている。

これらはお土産にも最適。店頭にはフレッシュチリも売られており、こちらも世界各国のチリが購入できる。 

チリコンカルニ、サウスアフリカンカレー、ジャークチキン、など自宅で簡単に本格的スパイシー料理が作れてしまう。さぁ、今夜は何を作ろう!?

THE SPICE SHOP

1 Blenheim Crescent, London, W11 2EE

TEL: +44(0)2072214448

WEBSITE

4 コメント

2012年

7月

11日

La Plaza Deli

アンティークマーケットで有名なポートベロー通り。マーケットは金・土曜なのでその他の日は割と多国籍な雰囲気を持っている通り。そんな中にこじんまりとしたスパニッシュスーパーマーケットがある。

 

店内は狭いが商品がぎっしり隙間なく置かれている。商品は全てスペインのもの。お菓子にお酒に

乾物、野菜や魚介類も。そして忘れていはいけない生ハムやチョリソー、自家製のオリーブなど。

 

そしてなんと言っても安い!イベリコハムが100gで£3.5432円)。レストランオーダーしたら数千円とられるだろう。更にこの値段なのに本当においしい!イベリコの深~い味わいで赤ワインなんてあったら止まらなくなる。

 

そんなワインも手頃な価格でおいしいワインをセレクトしているのでハズレがない。

チョリソーやチーズも種類がたくさんあって迷ってしまうが味見もOK、更に好みを言えばそれに合ったものをチョイスしてくれる。

オーナーはもちろんスペインの方。こちらのスーパーとすぐ近くに2軒のスペインバルを経営している。スタッフも全てスペイン人。そしてお客様も近所に住んでいるスペイン人が多い。

 

   イベリコハム200g これで£7(864円)!!
   イベリコハム200g これで£7(864円)!!

常連さんたちが買っているのはバゲットに生ハムをんだ挟んだだけのサンドウィッチ。買ったその場で噛り付く。これを片手に店内もお店の外のちょっとしたカフェスペースでもおしゃべりが始まる。陽気なスペイン語が心地よく飛び交っている。

そしてラテンの空気の中にいると自分の気分もちょっとだけあがる。一人心の中で「オラ~」なんて言ってみたりする。

 

ちょっと落ち込んだ時はあのバゲットを買ってみようかな。きっと元気がでるに違いない。

 

La Plaza Deli

288 Portbello Road, London, W10 5TE

TEL +44 02089680900

www.laplazatapasbar.com

 

 

 

**レストランのアドレス**

 

La Plaza Spanish Tapas Bar

74 Tavistock Road, London, W11 1AN

TEL +44 02072295995

 

LA BODGA RESTAURANT

78 Tavistock Road, Lodon, W11 1AN

TEL +44 02077275660

 

4 コメント