Instagram

Categories

2016年

3月

19日

Good & Proper Tea

 

 

 

 

イギリスと言えば紅茶ですが、ロンドンでは今、紅茶以外のお茶が大人気です。

   Good & Proper Teaは、緑茶、中国茶、抹茶、フュージョンティーといった様々な種類のお茶を、お手頃価格で楽しむ事が出来る注目のお店です。

 

 

 

元々移動式のヴァンでお茶を販売していたエミリーが、ロンドン東部の人気エリア、Old Street 駅から徒歩1分の所に、こぢんまりとした可愛らしいお茶の専門店を開店しました。暖かい店内は、お茶の良い香りで溢れています。    

 

 

 

テイクアウェイは£2.40~3.0で、高級中国茶であるSilver needleも、お手頃価格。

「高くするのは簡単だけど、皆にもっと気軽にお茶にトライしてもらいたくて。」

との事。

もちろん店内でもお茶を楽しむ事が出来ます。注文したお茶の説明や淹れ方を書いたカードと一緒に、ガラスポットと専用の木製トレーでサーブしてもらえます。(テイクアウェイでもこのカード頂けるそうです!)    

 

このお店のこだわりは、このSteampunk (スチームパンク)というマシーン。なんとタブレットに入れた専用アプリで、細かい抽出の設定や操作が出来ます。このマシーンを使うことで、それぞれのお茶に最適な淹れ方を正確に行う事ができる優れもの。スチーム圧を利用してお湯を上下運動させ、均一な蒸らしと撹拌によってお茶を抽出します。    

 

このマシーンは元々コーヒーの為に開発されたもので、日本でも新しいコーヒーやお茶の抽出方法として注目を浴びています。この画期的なハイテクマシーンを取り入れているお茶の専門店はロンドンではここだけ。茶葉が瞬間はまるでしっかり決められた設定で抽出したお茶は、香りが一層深く、甘みが引き出されています。    

 

 

 

テイクアウェイのカップの蓋にもエミリーのこだわりが光ります。通常の蓋だとお茶の香りが楽しめませんが、このスペシャルな蓋は、中心に穴があるので、外でもお茶の香りを楽しみながら飲む事が出来ます。    

 

お茶受け菓子として提供されている自家製クランペットもオススメ。クランペットはイギリス発祥の、もちもちの小さなパンケーキのようなお菓子です。甘いジャムをつけたり、チーズ&ハムといった軽食スタイルも人気とのこと。    

 

茶器や、茶葉を自宅用に購入する事も可能です。ラベルに何杯飲めるかが書いてあるのが嬉しい。お徳用サイズもあるそうなので、メールに気軽に問い合わせてね!とのこと。    

 

今後フレーバーティーも始めたいと笑顔で話してくれたエミリー。是非この機会に、足を運んでみてください。    

 

今後フレーバーティーも始めたいと笑顔で話してくれたエミリー。是非この機会に、足を運んでみてください。    

 

 

Good & Proper Tea

Unit E, The Bower,EC1V 9NR

 

Opening Hour

Mon-Fri: 8am-6pm

Sat: 10am-4pm

Sun: Closed

 

Website

 

written by Yui Takahashi

0 コメント

2015年

11月

13日

Bombay Sapphire Distillery

 

 


ギリスが世界に誇るお酒と言えば、ビールとロンドン・ジン。

 

Bombay Sapphireはそのジンの中でも世界トップの売上を誇るプレミアム・ジンです。神秘的なブルーのボトルと、ビクトリア女王の横顔が刻まれたラベルはとても印象的。 

 

   Bombay Sapphire1987年に誕生した、意外と若いブランド。でもオリジナルレシピの歴史は1760年代までさかのぼります。

200年かけて極めたその技術の賜物・Bombay Sapphireの蒸留所が、ロンドンの南西約100km、何百年もの間、製粉所や製紙工場として使われていた歴史ある土地に新しく完成しました。


ここにあるたった4機の蒸留機で世界中のBombay Sapphireが作られているのです!






2014年にオープンした最新の蒸留所は、歴史とテクノロジーが融合した建築デザインも見どころ。

 

環境への配慮、リサイクル建材の活用、エネルギーの再利用など、その性能とデザインは突出した評価でサステイナブル(持続可能)&エコな建築として表彰されました。

レンガの建物から湧き出る水のようなガラスの温室も、蒸留工程で生じる熱を再利用しています。デザインとのコラボに力を入れることで、ブランディングにも成功したBombay Sapphire

 

世界各国のデザイナーによるマティーニグラスのコンペティションも開催していて、蒸留所内のギャラリーにはそのグラスが並んでいます。 


蒸留機のある建物はガイドさんがついて(ここだけ写真撮影NGの厳戒態勢!)、蒸留工程や機械の説明をしてくれました。 


 ジンの主原料はジュニパーベリー。そこに各社オリジナルレシピのフレーバーが加わります。

Bombay Sapphireでは”exotic botanicals”と称して、世界各地から厳選した9種類ものハーブや果物、木の実を使用。(この植物は温室で実際に見られます。)

これらの植物に蒸気だけを通してフレーバーを付ける特別な蒸留方法が、上品で、それでいて複雑かつ華やかなBombay Sapphireの秘訣。カクテルにするのももったいないほど、高純度で雑味のない味が完成します。


Botanical Dry Roomでは植物の香りを比べてみて。ここでお気に入りのフレーバーを見つけると、最後の試飲でおすすめカクテルをアドバイスしてくれる仕組みです。 

  


労働者用の安酒というイメージから売上が低迷した時代もあったジンですが、今ではカクテルに欠かせないスピリッツとして大人気。

その蒸留工程を完成させたイギリスの功績はとにかく偉大!そんな深い歴史とストーリーに思いをめぐらせつつ、お待ちかねの試飲タイムです。


ジンはゆっくりと時間をかけてフレーバーを楽しむお酒。水辺に建つ喧騒と無縁の蒸留所は、そんなジンを味わうのにふさわしい場所です。    

written by Aki Aida



 

Bombay Sapphire Distillery



Laverstoke Mill, London Road, Laverstoke, Whitchurch, Hampshire, RG28 7NR



WEBSITE






ロンドンから車で一時間強。

平日はガイドツアー£22、週末はポイントごとに設置されたオーディオを聞きながら回るセルフツアー£15。

どちらもカクテル1杯の試飲付き。


0 コメント

2015年

8月

15日

Bettys



Betty’sは今から約100年前にイギリスの北、Harrogateでオープンしたカフェ。

スイス人のFrederick Belmontはケーキ作りの職人、今で言うパテシエでした。彼はヨーロッパを旅し、自信のスキルを磨いていましたがこのHarrogateに到着した際、故郷スイスと気候や景観が似ていた為か、この場所が気に入り留まることになりました。


そして1919年にBettysが始まります。

    


そして今では店舗数は6店舗。  


 全ての店舗がHarrogateを中心に点在するのでイギリス北部にしか存在しません。


スイーツはFredrickがスイス人だったこともあり、チョコレートなどはスイスチョコに近いです。 

 ケーキはイギリススタイルのアイシングケーキからフレッシュクリームを使用するまでバリエーション豊か。

見た目とは違い以外にも甘さは控えめ 。

  


そして何と言ってもオススメはアフタヌーンティー!

開店と同時に行列ができます。待つのが嫌いなイギリス人達を並ばしてしまう程魅力的なのです。   

カフェメニューも豊富でスイススタイルのマカロニチーズや地元の食材を使用するサンドウィッチなどもあり、アフタヌーンティーはちょっとね、、なんていう男性とも問題なし 

  



更にオリジナルの紅茶やコーヒーもあります。 

Bettysのオリジナルブレンドの紅茶はパッケージも可愛くお土産にも最適。


最後に一つトリビア。 

 Bettysの「ベティとは一体誰?」、これは100年の時を超えて今でも謎のまま。

Fredrickがいない今となっては永遠のミステリーなのです。   




Bettys

(本店)


1 Parliament Street, Harrogate

HG1 2QU


WEBSITE

0 コメント

2014年

12月

05日

BISCUITEERS


ビスケットの専門店BISCUITEERS。

入り口、いや外観からもうそれは夢の世界。一歩中へはいると一瞬目眩いをしてしまうほどのかわいいビスケット達が出迎えてくれる。 


  

   

 

ビスケットは季節によってバリエーションが変わる 。   

 

もちろん今はクリスマス!サンタやトナカイ、キリスト誕生のNativityなど、もうどれを見てもツボを押さえたデザインと絶妙なカラーに心を奪われる  。

 

ビスケットは1枚から購入可能。セットになった缶売りのものはその缶自体もかわいいのでビスケットを食べ終わっても楽しめる。ビスケット1枚を入れる箱もしっかりとしたオリジナルデザインの箱で小物入れにして再活用したくなる。 

 

  




賞味期限は3週間あるので定番のロンドンシリーズやジンジャーマンブレッド、クイーンシリーズなどはお土産にも最適 。

  

 

 

イギリスならではのアイシングで飾り付けられたビスケット。日本ではまだまだ馴染みが薄い小麦粉と砂糖で作るアイシングはコーティングすることにより日持ちもするし、何と言ってもデコレーションのバラエティが豊富。 

 

このアイディアやデザインはBISCUITEERSのチームが定期的に打ち合わせをして決めているのだそう。 

 

 

現在、ロンドンに2店舗。ノッティングヒルと数週間前にオープンしたバタシーのお店。店内ではビスケットの他、チョコレートやアイシングケーキ、ビスケット作りに必要なお菓子作りキットや型抜きなども置いている。そのどれをとっても“かわいい”につきる。    

  

Biscuiteersのデコレーション本も出版されています。


カフェも併設しているので買ったばかりのビスケットを頬張りながらイギリス風にミルクティーなんていうことも。 



更にはアイシング教室も開催しているので型抜きされたプレーンなビスケットに自分オリジナルのアイシングもできる。  



兎にも角にもここにいる間は誰もが“女の子”。終始「可愛い」&溜め息 。


イギリスの定番とも言えるアイシングビスケット、折角ロンドンにいるのなら是非このお店に来てラブリーでゴージャスなザ・ベストを体験してみて。  

 

 

BISCUITEERS

 

Notting Hill

194 Kensington Park Road, W11 2ES

TEL: +44(0)207 727 8096

 

 

Battersea

13 Northcote Road, SW11 1NG

TEL: +44(0)207 924 5488

 

WEBSITE

2014年

8月

11日

Prufrock Coffee

 

Farrington駅とChancery Lane駅の間にあるレザーレーン。平日は毎日マーケットが開かれているが、日曜日の朝は人通りも少なくほとんどのお店がお昼過ぎから。