Instagram

Categories

2016年

10月

12日

40Winks

 

ロンドンで一番面白いエリア、イーストロンドンに、40 Winksという小さな、そしてちょっと風変わりなブティックホテルがあります。    

 

300年前に建てられたタウンハウス。

そこに一歩足を踏み入れたら、もう別世界。イーストロンドンの喧騒は一瞬で消えて、魅惑的な空気に包まれます。

 

「最もファッショナブルなホテル」「No.1スモールブティックホテル」「最高にエキセントリックでセクシーなホテル」と、数々の雑誌にも取り上げられてきたこの小さなホテルに、世界各国からゲストがやってきます。    

 

 

ここはロンドンをベースに活躍するインテリアデザイナー、David Carterの住居兼スタジオ兼ホテル。Mr. Carter自らが手がけた空間は、雑誌やカタログの撮影スタジオとしてもよく使われています。    

 

 

ホテルと言っても、最上階の3階にダブルルームとシングルルームが一部屋ずつあるだけ。ポーターもいなければ、フルブレックファストもなく、バスルームは共同。設備としてはB&Bに近いくらい。

 

でも「それを了承のうえで、チェーンホテルの画一的なサービスにはない、記憶に残る特別な経験をしてほしい。そこに価値を感じてくれるゲスト一人一人との出会いを大切にしたい」とMr. Carterは言います。    

 

ここを特別にしているのは、何といってもその世界観。

彼のビジョンをそのまま落とし込んだ空間は、あえて言うならモダンクラシック。でも、もっとずっと複雑で摩訶不思議な世界です。アンティークと新しいアイテムを巧みに混ぜるだけでなく、イギリスやフランス、中国、日本と、世界各国のものを散りばめた、究極にエクレクティックなインテリア。

レーベルにもこだわらないし、ルールもありません。あるのは明確なビジョンだけ。   

 

 

 

エントランスホールから続くラウンジは、ダークで魅惑的なサンクチュアリ。撮影スタジオや客室は、明るいトーンでまとめられたロマンチックな非現実の世界。「マリー・アントワネットの華麗さに、男性らしさを排除した007のスマートさとエレガントさ、そんなうっとりするほどラグジュアリーな空間」とMr. Carterは表現します。    

 

印象的だったのは、デザインだけでなく、質やディテールにもこだわる彼の美意識。 

  

 

 

歩くだけでわかる上質なカーペットにフローリング。

ハンドペイントが施されたバスルームの壁紙、仕上げのきれいな塗装、マーブルを組み合わせたオリジナルのキッチンワークトップ、丁寧に選ばれた椅子やクッションなどのファブリック類。

ミラーやテーブル、キャビネットなど、調度品も素敵なものばかり。

オーダーメイドのフロアランプはコルセットをイメージして作られたもの。

撮影スタジオの、チュチュを束ねたようなシャンデリアももちろんオリジナルです。各部屋に飾られたたくさんのオーナメント類もすべて彼のセレクト。

エントランスには子供靴が並び、ベッドにはぬいぐるみ、ラウンジには日本の能面や着物、中国のパーティションがあるし、建物中にオブジェや置物が飾られています。  

  

 

そして何より彼自身が、いつの時代ともつかないこの世界の住人。普段からエレガントなスーツや衣装を身にまとい、この空間と、そこに流れる時間をより妖しくリアルに感じさせていました。 

 

 

 ゲスト以外にもここで特別な体験をしてもらおうと、40 Winksではイベントも主催しています。厳格なドレスコードがあるパーティーなど、チケットはすぐに完売するほどの人気。一度足を踏み入れた人はみんな、大胆で魅惑的なMr. Carterの世界に引き込まれていくようです。

written by Aki Aida

 

 

 

 

40 Winks    

 

109 Mile End Road, London E1 4UJ

 

地下鉄Stepney Green駅から徒歩3分、Bethnal Green駅から徒歩10分強

 

WEBSITE

0 コメント

2013年

6月

27日

ARIA

 

Islingtonはここ最近、若い人たちに人気の町。メインストリートにはお店が立ち並びいつも若者で溢れている。メインのUper StreetAngel駅から少し北に歩くと喧騒から離れ少し静かになる。丁度、住宅街にさしかかる辺り。そんな場所にARIAはある。

 

1850年代に建てられたBransbury Hall。このホールを丸ごと使ったARIAの店内は驚くほど広い。当時のホールの雰囲気を残しつつ設計された内装は天井が広く開放感でいっぱい。現在は地下と一階が店舗、二階がオフィスとショールームになっている。

 

 

 

 

 

一階は食器類やカトラリー、家具、アクセサリーや小物と種類ごとにスペースが分かれている。

 

現在ではたくさんのショップで取り扱われているイタリア発のAllessiとの付き合いは数十年にもなるそうでその品揃えも良い。

 

地下はキッチンやバス、ベッドルームのリネンやガーデニング関連の商品、子供雑貨など。

エキゾティックな香り漂うインドや中東からの品物も魅力的。

 

 

 

 

 

そして一押しはこのデスク。ロンドンを拠点に活躍するデザイナー、James TattersallのものでARIAショップのみの取り扱い。シンプルでモダンそして飽きのこないデザイン、しかし緻密に計算された設計は使い勝手も良く一生モノ。

 

トップの色や木のマテリアルを選べるので自分の好みに合わせてのオーダーも可能。

 

 

 

 

 

とにかく店内は広いのでじっくりゆっくり見たい場合は十分に時間の余裕を持って。カフェスペースもあるのでショッピング中にお茶してちょっと一休み、なんてこともできる。

 

駅からちょっと離れているので旅行者の方々の短い貴重な時間を割いてまでも、と思いがちだがARIAに着くまでにはたくさんのかわいいショップやオシャレなレストランもあるのでウィンドウショッピングがてらロンドンの新しい雰囲気も味わえる。

 

そしてARIAの近所には地元の人々で賑わう人気パブなどもあるので半日じっくり時間をとって訪れてみるのも良いかも。

 

                              バイヤーのCarl、広報のJamie
                              バイヤーのCarl、広報のJamie

 

 

 

ARIA

 

Barnsbury Hall, Barnsbury Street, Islington, London, N1 1PN

+44(0) 20 7704 6222

 

WEBSITE

 

4 コメント

2013年

5月

22日

THE FRENCH HOUSE

 

 

 

その名の通りフレンチスタイルの生活雑貨ショップ。ウェブサイトショップを6年前にスタートする。やはり実物を見たい、という要望が多く2年程前から店舗をオープン。

ロンドンの真ん中、Lamb’s Conduit Streetにあるお店は、中心地とは思えぬほど静かで周りには可愛らしいカフェやショップが点々とする。

そして近くにはCorams Fieldsという子供向けの公園もあり、都会にいることを忘れてしまう。

 

 

ほとんどの商品が個人で営むアーティストや小さなサプライヤーから仕入れている。

食べるのがもったいないポルトガル産の魚の缶詰はパッケージも可愛い。スペイン、マドリードからは素材もナチュラルなお風呂キッドたち。ドイツ産の使い勝手の良いキッチンタオル。フランスからは蜂の型押しがかわいいワイングラス、そして鍋やパン。モダンハウスの鳥小屋はスウェーデンから。THE FRENCH HOUSEオリジナルのブランケットはメイドインUKでこちらもオススメ。

 

 

 

そして何と言っても一押しは建築家Thomas Housdenのデザインするセラミックライト。設計は古いフランスの食卓ランプから。ライトを付けるとセラミックからほどよく光が透かされ美しい。

Thomas Hosden WEBSITE

 

30代~60代の女性のお客様が中心というだけありシンプルで秋のこないものが多いフランスの片田舎でカントリー生活を思い描いてしまい時を忘れて今うような素敵なお店。

 

 

 

 

THE FRENCH HOUSE

 

50 Lamb’s Conduit, London, WC1N 3LH

 

WEBSITE

4 コメント

2013年

3月

12日

jimbobart

コロンビア・ロード沿い、二階の小さなスペースにjimbobartのショップはある。ショップは2月にリニューアルオープンしたばかり。

 

こちらがバスタブ。この表情のクマに思わず笑ってしまう。
こちらがバスタブ。この表情のクマに思わず笑ってしまう。

 

 

jimbobartはイラストレーターのJames Wardの作品たち。動物の絵が主体で、陶器、プリント、時にはバスタブなどに専用のマジックを利用して描く。

 

 

この動物たちが何ともブスかわいくて人々の心をくすぐる。

 

 

彼はイギリスのコッツウォルズ出身で自然に囲まれて育った。そして彼の母親はいつも絵具や筆、クレヨンなどを買い揃えてくれた。彼女自身がアーティストというわけではなかったが絵画道具が常に周りにあったらしい。それらを持って出かけ何でも描くようになっていったのだそう。

 

彼曰くきっとその影響で“森に住む動物”達をついついモデルにしてしまうらしい。

 

お気に入りは何と言っても熊、だそうで、強いイメージ、おっとりしたイメージ、と色々な顔を持つキャラクターなのでたくさんの表情を描きたくなるのだそう。

 

陶器類は、真っ白なシンプルなものに一匹の動物。色々な色を試したがやっぱり白のバックが一番良く表情が出るのだそう。

       Jamesのデザイン画
       Jamesのデザイン画

ショップをオープンして3年。現在はこのショップのほかにLibertyShouthbank Centre Shopなどでも取り扱われている。

 

基本は全てJamesが手書きで一品一品仕上げている。ただ、4つセットのコーヒーカップのみは中々手が周らず現在はプリントしている。

 

コロンビア・ロードのショップには、とあるプロジェクトの際に作ったバスタブやオンラインショップには置いてないものなども数々取り扱われている。このショップは日曜日のみオープン。平日はJamesがアトリエとしてここで作業をしている。

 

何ともいえない表情の動物たちとシャレの利いたメッセージ。

飾るのも良し、使うのも良し、センスの光る一品だ。

 

 

 

***jimbobartからのお知らせ***

 

 

The Prince’s Foundation for Children & the Artsのチャリティーオークション

 

21人のイギリスを代表するデザイナーやアーティストが手掛けるジュエリーボックスのチャリティーオークション。21人の中にはポール・スミス氏も!

期間は314日~24日。こちらにjimbobartも参加!

WEBSITE

オークションWEBSITE

 

Crafty Fox Market

たくさんのアーティストやブランドによるハンドメイドのマーケット

日時: 323日(土)、24日(日)

    11001700

場所:The Dogstar, Brixton, London, SW9 8LQ

WEBSITE

 

jimbobart

146 Columbia Road, London, E2 7RG

 

Open on Sunday 9:00-15:00

 

 

WEBSITE

4 コメント

2013年

3月

07日

Lola&Bess

オンラインのアンティークショップLola&Bess

Martha HalsteadBess Halsteadの母子でビジネスをスタートしたばかり。

二人ともアメリカ生まれ。元々、インテリアデザイナーだった二人はアメリカで数々のプロジェクトをこなす。Bess2009年にアートの修士学位を取るためにロンドンに移住。学位取得後ロンドンでインテリアデザイナーをしつつ2012年にこのLola&Bessのウェブショップをオープン。

 

今回インタビューしたBess Halstead
今回インタビューしたBess Halstead

インテリアデザイナーとして働いている時に、家具や装飾品を調達する際、どうしてもハイストリートでは見つけられなかった。どこも大きなチェーン店、誰もが同じもの、どのインテリアもどこかピンとこない。

部屋のデザインというトータル的な作品に家具やインテリアへの妥協は出来なかった。

その頃、アンティーク市などで買ったものを少し手を加えお客様に提供するように。そしてアンティーク品へはまって行ったのだそう。

 

Marthaは現在もアメリカに住んでいるのでバイヤーとしては主にBessが動いている。フランス・イタリアは年に2回は買い出しに出向く。パリの郊外のいたるところで行われている大きなアンティークマーケット、サウスフランスの小さな町々でのマーケット。

イタリアは意外にもナポリが良いアンティークが手に入るのだそう。実はナポリはアンティークのバイヤーが多いことで知られているので最新の情報なども手に入るらしい。

そしてもちろんイギリスのマーケットも。有名なケンプトンのアンティークマーケットはもちろん、バースなどロンドンから少々遠くても足を向ける。

 

彼女たちが選んでくるものは“美しいもの”。クオリティ、テキスチャーに拘る。

飾った時、部屋に置いたとき、それらがプラスされたことによりその場がワンランク上になるように。

 

こんな風に額もない絵画をアンィーク市で購入
こんな風に額もない絵画をアンィーク市で購入

 

Bess曰く、アンティーク=見た目が古い、というのは間違い。

現に彼女はアンティーク市で買った絵画に、額は自身の懇意にしているフレーム会社でオーダー。見た目はアンティークなのにアンティークでない。モダンな部屋にもマッチングする。

 

ピローやソファーも布地が痛んでいる部分を新しい布に張り替えると、不思議、モダンアンティーク(?)に変身。

 

                   そして美しいフレームが付くとこのように変身!
                   そして美しいフレームが付くとこのように変身!

 

 

今はウェブサイトのみ、というのが悩みの種。「実物を見たい」というお客様が多いのだそう。でも、ご安心を。電話一本入れてアポをとれば拝覧可能。

そんなリクエストに答えるべくポップアップショップも企画中だとか。 

 

最後にBessから。

「アンティークの素晴らしいところは、それぞれに歴史やストーリーがあるでしょ。時代背景やカルチャーだったり。

それらを考えているだけでワクワクするの。

そしてそのお話にちょっとだけLola&Bessも混ぜてもらっているのよ。」

 

      Lola&Bess

      WEBSITE

4 コメント

2012年

7月

08日

Unto This Last

イーストロンドンの入口、Shoreditchエリアにある家具屋さん。賑やかなBrick Laneストリートを北にどんどん歩くと、Bethnal Greenロードを超えたあたりからだんだん静かになってきます。そんなちょっと喧騒から外れたところに佇んでいます。

10年程前に元々はパブだったところを改装してオープンしたそう。

                                  

 

外装は材料である板からイス型をくりぬいた板とくり抜かれた板の看板が目印。

店内は白と木の自然な色を基調としたシンプルな雰囲気。お店だというのに何だか落ち着いてしまう、ずっとそこにいたくなるような場所です。

お店の奥はガラス張りのワーキングスペースになっており職人さんが働いている姿も見れます。こちらのスペースもきちんと片づけられています。

素材は全てPly Birch Wood、樺の木をベニヤにしたものを重ねて作られています。

ベニヤと聞くと何だかすぐ壊れてしまうのではないか、と思われがちですが特殊な加工で何枚も重ねているのでとても丈夫です。一度手にしてみればすぐに分かります。

そしてなんと言ってもデザインが素晴らしい。微妙な曲線使いが人々の心をくすぐります。すごくシンプルなのにこの曲線のおかげですごくオシャレ感と高級感が出ています。

そして角がないので小さいお子さんのいるお家でも安心して使うことができます。

お値段はイスは£55(6,783円)~、テーブルは£75(9,245円)と意外とお手頃。

 

 

* 日本円への換算は2012年7月8日現

  在のものです

在庫は基本的にありません。店内にディスプレイしたるものが在庫で購入可能ですがその他は全てフルオーダー。といってもカタログがあり基本的なデザインがあるのでご安心を。

追加料金のかかるカラー仕様。カラーバリエーションはなんと133種類!
追加料金のかかるカラー仕様。カラーバリエーションはなんと133種類!

デザインを選んだらサイズ、色(木の色を生かした3種類)、その他のカラー(追加料金)を決めます。納期は約3週間。引き取りかロンドン市内ならデリバリー可能(有料)。残念ながら現在海外発送はしていないそうで日本からの購入は難しそうです。

以前はこちらのイーストロンドンのショップとサウスロンドンにワークショップがありましたがサウスロンドンのワークショップはクローズ。ですが数週間後に新しいショップがこのお店の真裏にできるそう。スペースも更に広くなるらしく現在はたくさんのスタッフが準備に追われているそう。

 

新しいショップの情報はまた次回!

 

 

Unto This Last

230 Brick Lane, London

E2 7EB

TEL +44 02076130882

OPEN 10:00-18:00(定休日なし)

WEB こちらをクリック

4 コメント