Instagram

Categories

2016年

10月

12日

40Winks

 

ロンドンで一番面白いエリア、イーストロンドンに、40 Winksという小さな、そしてちょっと風変わりなブティックホテルがあります。    

 

300年前に建てられたタウンハウス。

そこに一歩足を踏み入れたら、もう別世界。イーストロンドンの喧騒は一瞬で消えて、魅惑的な空気に包まれます。

 

「最もファッショナブルなホテル」「No.1スモールブティックホテル」「最高にエキセントリックでセクシーなホテル」と、数々の雑誌にも取り上げられてきたこの小さなホテルに、世界各国からゲストがやってきます。    

 

 

ここはロンドンをベースに活躍するインテリアデザイナー、David Carterの住居兼スタジオ兼ホテル。Mr. Carter自らが手がけた空間は、雑誌やカタログの撮影スタジオとしてもよく使われています。    

 

 

ホテルと言っても、最上階の3階にダブルルームとシングルルームが一部屋ずつあるだけ。ポーターもいなければ、フルブレックファストもなく、バスルームは共同。設備としてはB&Bに近いくらい。

 

でも「それを了承のうえで、チェーンホテルの画一的なサービスにはない、記憶に残る特別な経験をしてほしい。そこに価値を感じてくれるゲスト一人一人との出会いを大切にしたい」とMr. Carterは言います。    

 

ここを特別にしているのは、何といってもその世界観。

彼のビジョンをそのまま落とし込んだ空間は、あえて言うならモダンクラシック。でも、もっとずっと複雑で摩訶不思議な世界です。アンティークと新しいアイテムを巧みに混ぜるだけでなく、イギリスやフランス、中国、日本と、世界各国のものを散りばめた、究極にエクレクティックなインテリア。

レーベルにもこだわらないし、ルールもありません。あるのは明確なビジョンだけ。   

 

 

 

エントランスホールから続くラウンジは、ダークで魅惑的なサンクチュアリ。撮影スタジオや客室は、明るいトーンでまとめられたロマンチックな非現実の世界。「マリー・アントワネットの華麗さに、男性らしさを排除した007のスマートさとエレガントさ、そんなうっとりするほどラグジュアリーな空間」とMr. Carterは表現します。    

 

印象的だったのは、デザインだけでなく、質やディテールにもこだわる彼の美意識。 

  

 

 

歩くだけでわかる上質なカーペットにフローリング。

ハンドペイントが施されたバスルームの壁紙、仕上げのきれいな塗装、マーブルを組み合わせたオリジナルのキッチンワークトップ、丁寧に選ばれた椅子やクッションなどのファブリック類。

ミラーやテーブル、キャビネットなど、調度品も素敵なものばかり。

オーダーメイドのフロアランプはコルセットをイメージして作られたもの。

撮影スタジオの、チュチュを束ねたようなシャンデリアももちろんオリジナルです。各部屋に飾られたたくさんのオーナメント類もすべて彼のセレクト。

エントランスには子供靴が並び、ベッドにはぬいぐるみ、ラウンジには日本の能面や着物、中国のパーティションがあるし、建物中にオブジェや置物が飾られています。  

  

 

そして何より彼自身が、いつの時代ともつかないこの世界の住人。普段からエレガントなスーツや衣装を身にまとい、この空間と、そこに流れる時間をより妖しくリアルに感じさせていました。 

 

 

 ゲスト以外にもここで特別な体験をしてもらおうと、40 Winksではイベントも主催しています。厳格なドレスコードがあるパーティーなど、チケットはすぐに完売するほどの人気。一度足を踏み入れた人はみんな、大胆で魅惑的なMr. Carterの世界に引き込まれていくようです。

written by Aki Aida

 

 

 

 

40 Winks    

 

109 Mile End Road, London E1 4UJ

 

地下鉄Stepney Green駅から徒歩3分、Bethnal Green駅から徒歩10分強

 

WEBSITE

0 コメント

2015年

11月

05日

catherine tough


可愛いニットグッズ、Catherine Toughはイーストロンドン発のイギリスレーベル。

名前からお分かりのようにCatherineがスタートさせ、デザインなども手掛ける。


母親が編み物をするのを見て育ったCatherineは大学でテキスタイルの勉強をし、その後ニットとテキスタイルの組み合わせでCatherine Toughを始めるきっかけにした。   

 

二人の女の子のママでもあるCatherineはデザインのアイディアを子供達から学ぶことが多いのだそう。

ビビッドカラーの使いやアニマルのモチーフを見るとそれもうなずける。    

 


一番人気のあるというアニマル柄のソックスは子供用から大人用まで。

子供用はタイツもあり、色合いや動物のパターンにどれも心をくすぐられる。


    


今は、イーストロンドンのBroadway Marketに毎週ストールを出店している。素早く購入するのだったらこちらへ。

ハロッズ、The White CompanyAnthroplogieなどでも購入可能だが全てがある訳ではないので是非こちらのマーケットに足を運んでもらいたい。


Broadway Marketは毎週土曜日、今、ロンドン一アツイマーケットと言われている。

BROADWAY MARKET


そして平日だったらCatherineのアトリエも解放している(予約制)。    


これから寒い季節に向かってニット製品は必需品! 

クリスマスまであと一ヶ月ちょっと。是非、クリスマスショッピングのショップリストの一つに加えてみては!?




catherine tough


Twitter: CatherinTough_

Instagram: catherinetough_


WEBSITE


0 コメント

2015年

3月

06日

Amelie Stocken


女性を最高にかわいく見せてくれるバスローブ、Amelie Stocken 


おばあさんにバスローブをプレゼントしたかったのに、気に入るものに出会えなかった。その小さな出来事からずっと温めてきたAmelieのアイディアが、2014年、理想のバスローブを誕生させる。

  

 

 

「世の中のバスローブは美しくないの」と話すAmelie たしかにいわゆるバスローブと呼ばれているものは、分厚くて着心地もいまひとつ。

お風呂あがりにさらっと羽織りたいのに肩にズシッときて、小柄な日本人には特に、着こなせないものばかり。 

 




その点、Amelie Stockenのバスローブはデザインコンシャス。フランス人デザイナーのブランドRoland Mouretなど、ファッション業界で働いてきた経歴がデザインに活きる。

「ドレスやコートからもインスピレーションを受けるわ。そういうイメージを元に、パターンを起こしてもらうの」

と聞いて納得。だって、どれも洋服のように洗練されたバスローブなのだから。

 

色はシックで、ラインやドレープなど、ディテールがとにかくきれい。薄くて柔らかいから、吸水性もいいし、乾きやすい。しかも袖はすべて、手首が一番きれいに見える七分袖。朝起きて紅茶を入れたりメイクをしたり、そんな日常のシーンで邪魔にならないように、というAmelieの心遣いでもある。 

 




フェミニンで軽やかな膝上丈は動きやすいし、ベルトは背中で縫い付けられているから、洗濯中どこかへ行ってしまったり、着ているのにずり落ちてきたり、そんな煩わしさもナシ。誰でもスマートに、そしてキュートに着こなせるのがうれしい。

デザインと機能性を兼ね備えた、まさに究極のバスローブ。

定番のBetty、ハイカラーでラップタイプのJulie、丸いボタンがガーリーなChloeなど、ひそかに女の子の名前がついているのもたまらなくかわいい!  

  



フランス出身のAmelieは、コットンからトリムまでフランス産にこだわる。しかも繊維工業とワインで有名なローヌアルプ地方のファクトリーで作られる、正真正銘のフランス製。


フランスを代表する某ラグジュアリーブランドと同じファクトリーというのだから、クオリティへのこだわりも相当のもの。


フランスのセンスが光るAmelie Stockenの世界観そのままに、大人かわいいトーンでまとめられた自宅兼オフィス。


「でも普段のファッションはほとんどモノトーン。明るい色をポイントで使うのが好き」


というAmelie、この日も赤いパンプスが印象的だった。    



クオリティ重視で製造のロットが少ないため、販売はオンラインやポップアップショップ中心。ショップは持っていない。でも今後は色やデザインのべスポーク展開も考えているそう。 


女性なら誰でも、身に付けるもの一枚で気分が変わるはず。

このバスローブはまさに、家でのひとときを華やかにしてくれる一枚。


Amelie Stockenの世界は、始まったばかりだ。  

written by Aki Aida












Amelie Stocken


WEBSITE

4 コメント

2014年

9月

15日

Emily Doran Pottery

温かみのある色とフォルムが印象的なEmily Doran Potteryのテーブルウェア。その作品はすべて轆轤(ろくろ)で作られていて、よく手になじむ。どこか懐かしいのは、ハンドメイドならでは感覚だと思う。

   

 

 

イギリス美術界の総本山・Royal Academy of Artsでマーケティングや美術史を勉強し、卒業後はアートマーケティングの仕事に就いたエミリー。コンテンポラリーアートギャラリーの先駆け・Whitechapel Galleryで働いたこともある、輝かしい経歴の持ち主だ。

 

 

でも「5年でデスクワークが嫌になったの」と笑う。アート業界の促進よりも、自分の手で作品を作りたいと思ったエミリーは、陶芸の世界へ足を踏み入れる。それもわずか2年前のこと。なぜ陶芸だったの?と尋ねると、「クレイ(土)で制作することが好きだから。彫刻に近い感覚かな」と答えた。手の中で形を変えていくクレイ。エミリーはそこから生まれるフォルムの虜になっていく。

 

 

イギリスにおける陶器の歴史は長い。エミリーの作品が特にcountry potteryの影響を受けていることは、クラシックでシンプルなラインアップから伺える。意外だったのは、「あと、日本の楽焼もね」と言ったこと。楽焼は千利休にも愛された日本の伝統的な陶器。どちらかと言うとダークな色合いで、力強い男性的なイメージがある。「確かに私の作品は柔らかくてフェミニンね。でも楽焼のフォルムや釉薬は奥が深くて素晴らしいの!そのエレメントは私の制作にも生きている。伝統的な技術や製法を、コンテンポラリーな普段使いのテーブルウェアに活かしたいと思っているの。」    

   

 

 

   

 

 

金曜日のOld Spitalfields Marketに出ているストールでは、実際の作品を手にとることができる。小ぶりなサイズから揃っていて、実用的なのも嬉しい。現在のカラー展開は素朴なSpeckle Oatmealと、グリーンがかった淡いブルーのDuck Egg2色。このやさしい色味が、シンプルなフォルムに洗練された雰囲気をまとわせる。もちろん新しい色も開発中だ。    

 

週末もスタジオにこもり、制作や釉薬の研究に没頭することが多いそう。「ギャラリー巡りをする日もある。いい刺激を受けられるしね。でも、制作が私のpassion」と笑顔で話す。夢は「陶芸の世界で生きていくこと」と即答しつつ、まだ続きもある。

「今はスタジオをシェアしているけれど、いずれは自分だけのスタジオを持ちたい。窮屈なロンドンではなく、インスピレーションがみなぎるような広々した場所ね。あと私の作品をたくさんのショップやギャラリーに置いてもらって、たくさんの人に私の世界観を見てもらいたいの。」目を輝かせて話すエミリーの前には、明るい未来と具体的なビジョンが広がっている。

 

 

 

近々オンラインショップをオープンするそう。

11月にエンジェルで開催されるCountry Living主催のクリスマスフェアにも出店する予定。

しかも今年の冬には3色展開になっているはず!?まるで数年分の密度がある1年だ。魅力的な笑顔と社交的な人柄、アート業界を外から支えてきた経歴、そして制作への情熱。そのすべてがエミリーの原動力になっている。Emily Doran Potteryの今後が楽しみだ。    

    

written by Aki Aida

 

 

 

 

 

Emily Doran Pottery 

 

http://www.emilydoranpottery.com    

4 コメント

2013年

12月

28日

Mouki

 

 

20135月にオープンしたばかりのコンセプトセレクトショップ、Mouki

オーナーのMariaはファッション業界で20年経験を積み、現在もファッションエージェントを経営。

店舗を持つことが夢で今年、晴れてメリルボーンのChiltern StreetにMoukiをオープンする。

 

このChiltern Streetは長らく”老舗”と呼ばれるようなテイラーショップや楽器店、酒屋などが並んでいた。それが時代とともに一度は廃れてしまったが、ここ数年で”未来の老舗”になっていくだろう、新しいショップができてきている。そして昔からの店舗も残りつつとても魅力的な通りに生まれ変わっている。

 

 

Mariaが気がつくといつも考えていたのは、まだ未知の新しいモノ、コトをたくさんの人にイントロデュースしたい。

そんな想いが反映されたくさんの新星ブランド、ロンドンではここでしか手に入らないものなどがたくさんある。

 

日本からは45rpmARTSSIENCENendoなど。dosadenis colombcoral&taskUSAから。他にもドイツやフランス、イタリアからもセレクトしている。

 

 

 

店内は迷路のような小道、行き止まりには小さな部屋のようなスペースがいくつかありどこまで続くのだろう?次は何が出てくるのだろう?とドキドキさせられる。

 

店舗のデザインの際、この小さな部屋を崩して一つのスペースにしようという意見もあったがMariaは敢えて残した。この部屋に一つ一つのキャラクターを作っていくのも面白いかも。実際、小スペースにはそれぞれ顔がありそれもお店の魅力となっている。

 

店舗デザインはロンドンのMARGARET HOWELL、そして東京のショップも手がけたWilliam Russell。シンプルで落ち着く空間を作り上げた。

 

 

外側からだけではわからないので是非是非一歩店内に入ってみるべし!

迷宮のラビリンスから脱出不可能かも。

 

 

 

 

Mouki

29 Chiltern Street, London, W1U 7PL

 

TEL: +44(0)20 7224 4010

 

WEBSITE

4 コメント

2013年

9月

06日

Hiro + Wolf

 

Hiro+WolfBeeAmyという二人の女性が始めたペットグッズやアクセサリーなどを扱う新しいブランド。

 

BeeAmyはロンドンフィールズで犬の散歩中に出会い、すぐに意気投合しHiro+Wolfをスタートさせることになった。HiroWolfの由来はAmyの愛犬“Hiro”Beeの愛犬”Wolf“からとった。

          HiroとWolf
          HiroとWolf

 

 

二人とも畑は違えど長くファッション関連の仕事に携わっていた。

Beeは新しいブランドを発掘したりイベントのオーガナイズというプロデュース業。Amyは自身のファッションレーベルもあるというデザイナー、クリエイト業。丁度Beeが自身のセレクトショップで扱うアクセサリーのプランもあり、デザイナーが必要だった。

そんな折、二人はまさに運命の出会いをしたのだ。

 

 

愛犬家の二人がデザインしたグッズはもちろん使い勝手は抜群。細部まで考慮されているので使っていてストレスがない。リードの長さやフックも自分たちに犬がいるので何が良いかが分かっている。そして使用面だけでなく、もちろんデザインも素敵。ペットグッズのカラーやリードはマサイ族が使用しているブランケッドの生地を使用。スピリチュアルなパターンデザインが他にはなくちょっとした特別感を味わえる。

 

 

ネックレスやイヤリング、ブレスレッドなどのアクセサリー類もお勧め。こちらも材料から生産まで全てアフリカで行われている。

 

木やビーズをうまく組み合わせたアクセサリーはアフリカンな中にどこか都会的な魅力も秘めてデイタイム、ナイトタイムの両方で使えそう。殆どのアイテムに付いているH+Wのチャームも可愛い。更に一つ数千円と手頃な価格帯なのもうれしい。

 

 

他にもバスケットやバック、動物のオブジェなど現在はアフリカからインスパイアされたものが多く取り扱われている。

 

来年夏にはイギリスのグラフィックデザイナーとのコラボレーション商品、秋にはペルー産の生地を使用した靴など楽しみなアイテムが満載。

 

現在、日本での取り扱いはなし。購入はHiro+Wolfのオンラインショップからできる。ロンドン内では取り扱い店舗があるので詳しくはウェブサイトで。

WEBSITE

 

BeeAmyも形式に拘らず色々なことにトライしていきたいのだそう。そんな二人がいつも視野に入れているのは“面白そうなこと”“手作り感”そして“モダンなデザイン”。正にHiro+Wolfを初めて見た時の印象そのもの。暖かみの中にある斬新さ。

Amyが想像で作り出したモノをBeeが実現する。今後の二人の二人三脚に注目したい。

 

 

 

 

Hiro+Wolf

 

オフィス&ショップ

146 Columbia Road, London, E2 7RG

TEL: +44(0)20 3086 7689

 

WEBSITE

4 コメント

2013年

8月

21日

LIVE WITH ME

 

 

日曜日はフラワーマーケットで有名なColumbia Roadにある素敵な雑貨屋さん。

通り沿いのお店とお店の間にある細い通路から入り階段を上がっていくとこのLIVE WITH MEに辿り着く。小さな小さな店内にはセンスの良い雑貨がセンス良く並べられている。

 

 

お店は2012年にオープンしたばかり。営業は水曜日~日曜日。

お店のオーナーであるClaire Henryが一人で切り盛りしている。

大学で考古学の勉強をしたあと、展示会の館長を色々な美術館で10年以上勤めている。そんな縁でたくさんのアーティストと出会う機会もあった。考古学を学んでいたためか小さなオブジェの魅力に引き込まれ、それもありLIVE WITH MEを作ることになった。

 

 

 

こちらがClaireがデザインしたグリーティングカード
こちらがClaireがデザインしたグリーティングカード

 

 

ちょっとした拘りはメイド・バイ・UK

でも、それだけを拘っている訳ではない。とにかく彼女がステキだと思えるものを選んでいるのだそう。

 

そして彼女のアーティストの人脈で他店では決して手に入らないものもたくさんある。

Claire自身でもデザインしたり描いたりもするそうだが、やっぱり彼女自身はたくさんのステキなものを探していきたいのだそう。

 

 

 

 

 

まだまだ世に名前の出ていない素晴らしいアーティスト達はたくさんいる。彼らが作っている作品を自身のお店で紹介してそしてその良さをたくさんの人に伝えたい。

 

素敵なものに囲まれて暮らしたい、そんなClaireの思いが店名にもなっている “Live With Me”。日々の生活にちょっとアクセントを添えたい方、是非、訪れてみて。

 

 

 

 

 

 

LIVE WITH ME

 

Top Floor, 144 Columbia Road, London, E2 7RG

 

WEBSITE

4 コメント

2013年

6月

27日

ARIA

 

Islingtonはここ最近、若い人たちに人気の町。メインストリートにはお店が立ち並びいつも若者で溢れている。メインのUper StreetAngel駅から少し北に歩くと喧騒から離れ少し静かになる。丁度、住宅街にさしかかる辺り。そんな場所にARIAはある。

 

1850年代に建てられたBransbury Hall。このホールを丸ごと使ったARIAの店内は驚くほど広い。当時のホールの雰囲気を残しつつ設計された内装は天井が広く開放感でいっぱい。現在は地下と一階が店舗、二階がオフィスとショールームになっている。

 

 

 

 

 

一階は食器類やカトラリー、家具、アクセサリーや小物と種類ごとにスペースが分かれている。

 

現在ではたくさんのショップで取り扱われているイタリア発のAllessiとの付き合いは数十年にもなるそうでその品揃えも良い。

 

地下はキッチンやバス、ベッドルームのリネンやガーデニング関連の商品、子供雑貨など。

エキゾティックな香り漂うインドや中東からの品物も魅力的。

 

 

 

 

 

そして一押しはこのデスク。ロンドンを拠点に活躍するデザイナー、James TattersallのものでARIAショップのみの取り扱い。シンプルでモダンそして飽きのこないデザイン、しかし緻密に計算された設計は使い勝手も良く一生モノ。

 

トップの色や木のマテリアルを選べるので自分の好みに合わせてのオーダーも可能。

 

 

 

 

 

とにかく店内は広いのでじっくりゆっくり見たい場合は十分に時間の余裕を持って。カフェスペースもあるのでショッピング中にお茶してちょっと一休み、なんてこともできる。

 

駅からちょっと離れているので旅行者の方々の短い貴重な時間を割いてまでも、と思いがちだがARIAに着くまでにはたくさんのかわいいショップやオシャレなレストランもあるのでウィンドウショッピングがてらロンドンの新しい雰囲気も味わえる。

 

そしてARIAの近所には地元の人々で賑わう人気パブなどもあるので半日じっくり時間をとって訪れてみるのも良いかも。

 

                              バイヤーのCarl、広報のJamie
                              バイヤーのCarl、広報のJamie

 

 

 

ARIA

 

Barnsbury Hall, Barnsbury Street, Islington, London, N1 1PN

+44(0) 20 7704 6222

 

WEBSITE

 

4 コメント

2013年

6月

04日

Tatty Devine (Selfridges Pop-Up Shop)

こちらがオーダーシート
こちらがオーダーシート

 

 

 

ロンドンのSelfridges1Fに出来たTatty DevinePop-upショップ。

ポップアップと言っても期間は無期限。特にいつまで、との予定がないということなので嬉しい。

 

プラスチックを特殊な方法で型取りポップでキュートなデザインのアクセサリーを作るTatty Devineは日本でも有名。

 

基本のデザインや文字の他に、自分自身でのオリジナルデザインも可能。文字の種類も30種類ほど、カラーバリエーションも豊富、そしてかわいいチャームも選べるので友人同士、お揃いで作ってもかわいいし、ちょっと気の利いたプレゼントにもなる。

 

オーダーは専用のシートがありカラーバリエーション、レター、チャームも分かりやすく載っているので選択肢が多くても安心。

 

 

 

 

 

こちらが特殊加工の工程

 

 

 

  ①  ②

  ③  ④

 

 

そしてSelfridgesショップのみの限定商品でもある大きなプレート型は今大人気。

ちょっと弾けたい日にはヒップホップスタイルのアクセサリーとして!? お家やお部屋のドアにネームプレートとしてもかわいい。

 

 

 

 

これから夏シーズン到来!ポップなプラスティックアクセは暑い夏にピッタリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

Tatty Devine Selfridges Pop-Up Shop

 

400 Oxford Street, Marylebone, London W1U 1AB

 

SELFRIDGES WEBSITE

 

TATTY DEVINE WEBSITE

 

4 コメント

2013年

5月