Instagram

Categories




2016年

10月

12日

40Winks

 

ロンドンで一番面白いエリア、イーストロンドンに、40 Winksという小さな、そしてちょっと風変わりなブティックホテルがあります。    

 

300年前に建てられたタウンハウス。

そこに一歩足を踏み入れたら、もう別世界。イーストロンドンの喧騒は一瞬で消えて、魅惑的な空気に包まれます。

 

「最もファッショナブルなホテル」「No.1スモールブティックホテル」「最高にエキセントリックでセクシーなホテル」と、数々の雑誌にも取り上げられてきたこの小さなホテルに、世界各国からゲストがやってきます。    

 

 

ここはロンドンをベースに活躍するインテリアデザイナー、David Carterの住居兼スタジオ兼ホテル。Mr. Carter自らが手がけた空間は、雑誌やカタログの撮影スタジオとしてもよく使われています。    

 

 

ホテルと言っても、最上階の3階にダブルルームとシングルルームが一部屋ずつあるだけ。ポーターもいなければ、フルブレックファストもなく、バスルームは共同。設備としてはB&Bに近いくらい。

 

でも「それを了承のうえで、チェーンホテルの画一的なサービスにはない、記憶に残る特別な経験をしてほしい。そこに価値を感じてくれるゲスト一人一人との出会いを大切にしたい」とMr. Carterは言います。    

 

ここを特別にしているのは、何といってもその世界観。

彼のビジョンをそのまま落とし込んだ空間は、あえて言うならモダンクラシック。でも、もっとずっと複雑で摩訶不思議な世界です。アンティークと新しいアイテムを巧みに混ぜるだけでなく、イギリスやフランス、中国、日本と、世界各国のものを散りばめた、究極にエクレクティックなインテリア。

レーベルにもこだわらないし、ルールもありません。あるのは明確なビジョンだけ。   

 

 

 

エントランスホールから続くラウンジは、ダークで魅惑的なサンクチュアリ。撮影スタジオや客室は、明るいトーンでまとめられたロマンチックな非現実の世界。「マリー・アントワネットの華麗さに、男性らしさを排除した007のスマートさとエレガントさ、そんなうっとりするほどラグジュアリーな空間」とMr. Carterは表現します。    

 

印象的だったのは、デザインだけでなく、質やディテールにもこだわる彼の美意識。 

  

 

 

歩くだけでわかる上質なカーペットにフローリング。

ハンドペイントが施されたバスルームの壁紙、仕上げのきれいな塗装、マーブルを組み合わせたオリジナルのキッチンワークトップ、丁寧に選ばれた椅子やクッションなどのファブリック類。

ミラーやテーブル、キャビネットなど、調度品も素敵なものばかり。

オーダーメイドのフロアランプはコルセットをイメージして作られたもの。

撮影スタジオの、チュチュを束ねたようなシャンデリアももちろんオリジナルです。各部屋に飾られたたくさんのオーナメント類もすべて彼のセレクト。

エントランスには子供靴が並び、ベッドにはぬいぐるみ、ラウンジには日本の能面や着物、中国のパーティションがあるし、建物中にオブジェや置物が飾られています。  

  

 

そして何より彼自身が、いつの時代ともつかないこの世界の住人。普段からエレガントなスーツや衣装を身にまとい、この空間と、そこに流れる時間をより妖しくリアルに感じさせていました。 

 

 

 ゲスト以外にもここで特別な体験をしてもらおうと、40 Winksではイベントも主催しています。厳格なドレスコードがあるパーティーなど、チケットはすぐに完売するほどの人気。一度足を踏み入れた人はみんな、大胆で魅惑的なMr. Carterの世界に引き込まれていくようです。

written by Aki Aida

 

 

 

 

40 Winks    

 

109 Mile End Road, London E1 4UJ

 

地下鉄Stepney Green駅から徒歩3分、Bethnal Green駅から徒歩10分強

 

WEBSITE

0 コメント

2013年

11月

13日

Littleton Mill

 

日本では浸透してきている断食道場やラグジュアリーホテルのトライアルファスティングプログラムなど。今や、旅行やリラックスタイム中だって健康やダイエットという何かプラスアルファが必要な時代。

 

ここ、Littleton Millはイギリスの南、ウィルトシャー州にある滞在型トリートメント施設。

ウィルトシャー州といえばパワースポットでお馴染みのストーンヘッジもある州。

 

Littleton Millは建物自体が川の上を跨るように建てられ、屋内どこにいても水の力を感じられる、ある意味パワースポット。

 

施設内では断食、体内浄化、食習慣の改善、腸内洗浄、ヨガやエクササイズ、マッサージなど、個々のリクエストに合わせてメニューを作り、体験できるようになっている。

 

 

ここを経営するのはメリッサ(Melissa)。
17世紀から建てられた川をまたぐようにして建つこの場所に、初めて来たときに何かピンと感じるものがあり即決。大改築をして宿泊施設、エクササイズルーム、自身の住まい、更には水力発電も作る。

 

女自身が常にここにいるのでゲストが訪れた際も24時間体制でサポートできる。

ゲストに合わせ3食のバランス、調理法、エクササイズ、メリッサはヨガのインストラクターでもあるのでヨガレッスンなど。

滞在のメニューは事前に相談をして決めるのだが例えばファスティングプランだったら最低でも4日くらいは必要だそう。

 

 

 

都会にいると忙しい日々を過ごし知らず知らずのうちにストレスや疲れをため込んだりするもの。たまにはそれを全て吐き出してリセットすることも必要。

これからの時代、心身のセルフコントロールも不可欠ですね。

 

 

メリッサは日本人とイギリス人のハーフ。ということでプログラム作りの言葉の心配もご無用。何でも聞いてみてください。

そしてここには心身をリラックスしにくる数々のセレブレティも!

 

施設の周りは見渡す限りの緑。散歩コースなどもある。
広大なお庭では自家栽培の野菜なども作られている。

 

緑と水、マイナスイオンをいっぱい浴びながら、オーガニック食材で健康的なダイエット。

外側からも内側からも美しく生まれ変われます。

 

イギリス在住で断食道場をお探しの方、そしてイギリス旅行中も健康的でスピリチュアルな場所で精神を磨きたい、という方々、是非オススメです!

 

 

 

Littleton Mill

 

Littleton, Semington, Trowbridge, Wiltshire, BA14 6LQ

 

WEBSITE

 

5 コメント

2013年

8月

30日

Hide's Wine 639

ドイツのニアシュタイン(Nierstein)はフランクフルトから50km車で1時間ほど西に走ったライン川沿いのワインで有名な街。この街で一人の日本人男性がオリジナルのワイン造りをしている。

         浅野さんと御長男
         浅野さんと御長男

 

彼の名前は浅野秀樹さん。アウトドア好きで世界を放浪していた彼が2001年にドイツに移住し本格的にワインの勉強をスタートする。その後、2005年に独立し、639のワイン造りを始める。

 

浅野さんはSTRUB家というドイツワインで300年以上も歴史を持つ名家のワイナリーの一角をレントする。現在STRUBはバルター・シュトルブ氏がその歴史を引き継ぎワイン造りに励み、アメリカのロバート・パーカー氏から高い評価を経たことで更に箔をつけている。

 

この土地は赤土粘岩で「ローテンハング」と呼ばれワイン作りに最も適した土壌と言われている。その証拠に近年ではエリザベス女王御用達ワイン畑になっている。

 

 

浅野さんの作るワインは白ワインが2種類。オレンジのラベルは甘めの白。そしてブラックのラベルは辛口。

 

ドイツワインと言えば甘く、ワイン上級者からは敬遠されがちだが、639のブラックラベルはどちらかというと辛口で酸味の後に甘みがうっすらと香る。

 

お寿司や懐石料理などと相性が良さそう。そして食後に飲み始めたら止まらずついつい飲みすぎてしまいそう。

こちらでは5月~10月はワイナリーツアーを行っている。ぶどう畑の散策そして醸造所の見学さらにワインのテイスティングもできる。そして更に浅野さんからワインの楽しくて為になる話が伺える。

 

10月はぶどうの収穫時期。全て手摘みで行われる作業にはたくさんの人手が必要。こちらも体験できるので是非。

 

詳しくはウェブサイトから。

WEBSITE

 

地下は貯蔵室になっている。数百年の歴史を感じる地下へと続く階段。壁はぎっしりワインのカビで埋まっている。

そして日本、ドイツ、イギリスでは取り扱いレストランもあるので是非訪れて欲しい。

和食店を中心にドイツ料理店やイタリアンレストランも。

日本は、北は北海道、南は沖縄まで。

イギリスはロンドンの「So restarurant」。

ドイツはフランクフルトやデュッセルドルフ、その他の地域にも。

 

こちらも詳しくはウェブサイトで。

WEBSITE

 

 

 

 

浅野さんには奥様と二人の息子さんがいる。

家族は日本で生活、ドイツではたった一人でワインを造っている。

年に数回訪れるというご家族、8月の夏休みということもあり一家団欒の姿を伺えることができた。息子さんたちは自然に囲まれ日本では決して体験できないであろうどこまでも続くワイン畑、言葉を超えた人々との触れ合い、そして働く父の姿を目の当たりにしていたはず。

 

 

 

 

このサイトはどちらかというと女性向けなので“頑張っている女性”にスポットを当てることが多かった。そして女性も頑張っているんだぞ、という姿を見せたかった。

しかし、正直久しぶりに“頑張っている男性”に出会ってしまった。浅野さんの笑顔はいつも前向きで少し羨ましすぎた。そしてまた自分もまだまだ頑張らねば、と思わされた。

 

639を飲めばあのワイン畑と浅野さんのワインへの情熱を思い出しいつでも元気がもらえるだろう。

                写真上で円柱の建物の手前にある畑が浅野さんのワイン畑、1ヘクタール
                写真上で円柱の建物の手前にある畑が浅野さんのワイン畑、1ヘクタール

 

 

Hide’s wine 639

HIDEKI ASANO

Weingut STRUB Rheinstrasse 42, 55283 Nierstein, Germany

 

WEBSITE

7 コメント

2013年

5月

29日

THE WORLD OF BEATRIX POTTER ATTRACTION

 

 

 

ロンドンから車で5時間ほど北西に向かうと言わずと知れた水の都、湖水地方(Lake District)に到着する。

この地を愛して止まなかったBeatrix Potter。誰もが知っている彼女の著書、ピーターラビットのミュージアムが湖水地方最大の湖、ウィンダミア湖の畔にある。

 

 

 

一歩中に入るとそこはもうピーターラビットの世界。

今まで絵本の中でしか出会えなかった動物たちが目の前に存在する。どのキャラクターも実物より大きめに作られているのは大人が見たとき子供の目線に戻れるように、という計らいに違いない。

 

 

 

 

 

2009年に出来たお庭にはたくさんの野菜が栽培されている。

野菜たちは当時実際に栽培されていたものばかり。

現在は中々育てることができない貴重な野菜にも出会える。

 

 

併設のカフェではこの野菜たちも堪能できる。

キャラクターグッズも豊富に取り揃えられている。是非お土産に。

 

 

その美しい色合い、温かみのある色調は小さなころ見たピーターラビットの世界そのまま。

Beatrix Potter好きだったら絶対に!そうでなくとも湖水地方の美しい景観とピーターラビットでほっこりした気分を味わえるはず。

 

 

 

 

 

 

 

THE WORLD OF BEATRIX POTTER

 

Crag Brow, Bowness-on-Windermere, Cumbria, LA23 3BX

 

TEL: +44(0) 844 504 1233

 

WEBSITE

 

4 コメント

2012年

12月

14日

Alexis Dove

海沿いの街、Brightonの近くにLewesという小さなかわいい町がある。アンティークショップなどが有名な町。ロンドンからは車で1時間ほど。

 

 

この町にAlexis Doveというジュエリーショップがある。店名でもあるAlexisがデザイナー。こちらはショップ兼オフィス。店舗奥のオフィススペースには彫刻機や研磨機なども置かれデザインから制作そして販売までこのスペースでできる。

小さいころ自宅に日本人のホームステイがやってきた。名前は“あずみ”。彼女がAlexisに猫の指輪をくれた。

 

 

「その猫がかわいくて、かわいくて。きっとそこから私はジュエリーに目覚めたのじゃないかしら。こんな感じのリング。」

と見せてくれたのは日本の招き猫。

そこからかわいらしいモチーフ、たくさんのカラーの組み合わせ、ジュエリーの魅力に引き込まれていく。

 

Alexis Dove2006年に設立。Sussex生まれの彼女にとって第二の故郷とも言えるLewesにお店を2010年にオープン。コレクションは年に2回、その他定番商品も多数。そしてオーダーメイドも可能。

 

“自然”を題材としたモチーフが多く、リーフや動物、海を連想させるものなどをかわいさの中に美しさもあり、一つ身につけるだけでキリっとしたポイントになるようなジュエリーだ。

 

Lewesはとても素敵な町。自然に囲まれ海も近い。Brightonも近いのでレストランや買い物にも不便はない。Alexisはここが大好きなのだそう。だからLondonという大都市からはちょっと遠いけれど是非この町、そしてAlexis Doveを訪れてきて欲しいのだそう。

 

 

 

 

 

 

ALEXIS DOVE

 

The Needlemakers, Lewes, East Sussex, BN7 2NZ

TEL: +44(0)1273 945786

 

WEBSITE

4 コメント

2012年

11月

02日

Cwm Mawr

ウェールズはロンドンから車で4時間ほど。

日帰りはちょっときついが12泊の小旅行には最適。そこでお勧めしたいホテルが一軒。

 

日本人の奥様、怜子さんとスコットランド人の旦那様が経営する日本風のB&B

 

6年程前にこの場所を購入。建築家の夫とデザインをする。和風の内装は殆ど旦那様がデザインしたのだそう。

 

和室の部屋からはウェールズの山の景色が見渡せる。

 

そしてここでの楽しみは何と言っても奥様の怜子さんが作る全て無添加の食事だ。

ウェールズでホテル、英語学校、プラハでレストランの経営をしていたスーパーウーマン。

全て一人でこなす。

  

 

食材もできる限り自家製にしている。リンゴ、プラムから始まり、日本の食材、ニラ、水菜、しそなども全て自家栽培。

更にお味噌や納豆、塩麹なども手作りしている。こちらは購入可能。

(価格表は下記。2012年11月現在)

 

 

朝食・夕食共に和食か洋食を選ぶことができる。和食は大体10コース、洋食は前菜・メイン・デザート。

とにかく何を食べてもおいしい。まさかウェールズで本格的な和食が食せるとは思いもよらなかった。

こちらが和食のコース

洋食のメインはウェールズ特産のラム肉がお勧めだそう。スロークックされたラムは柔らかくラム特有のクセもない。脂身も少ないのでペロリと食べられる。

 

そしてこちらが洋食のコース

そしてもう一つのメインは露天ジャクジー。

ウェールズの大自然と星空を見ながらのジャクジーは言葉にできない。

異国の地で温泉気分が楽しめる。

お客様は12組。部屋数の関係と怜子さんが殆ど一人で切り盛りしているのでこれ以上増えると満足いくサービスができないので、とのこと。

週末はすぐに埋まってしまうのでなるべく早めのご予約を。

本当は常連のお客様から予約がとりにくくなるのであまり宣伝はしないでください、と言われているそうだが今回特別に取材を受けていただけた。

 

全てが心のこもった温かいおもてなしを楽しめる。

一度きてしまったら最後、怜子さんのお料理が忘れられずリピーターになること間違いなし。

 

Cwm Mawr

Glascwm Llandrindod Wells

Powys

LD1 5SE

TEL: +44(0)1982570485

WEBSITE

1 コメント