Instagram

Categories

2013年

12月

28日

Mouki

 

 

20135月にオープンしたばかりのコンセプトセレクトショップ、Mouki

オーナーのMariaはファッション業界で20年経験を積み、現在もファッションエージェントを経営。

店舗を持つことが夢で今年、晴れてメリルボーンのChiltern StreetにMoukiをオープンする。

 

このChiltern Streetは長らく”老舗”と呼ばれるようなテイラーショップや楽器店、酒屋などが並んでいた。それが時代とともに一度は廃れてしまったが、ここ数年で”未来の老舗”になっていくだろう、新しいショップができてきている。そして昔からの店舗も残りつつとても魅力的な通りに生まれ変わっている。

 

 

Mariaが気がつくといつも考えていたのは、まだ未知の新しいモノ、コトをたくさんの人にイントロデュースしたい。

そんな想いが反映されたくさんの新星ブランド、ロンドンではここでしか手に入らないものなどがたくさんある。

 

日本からは45rpmARTSSIENCENendoなど。dosadenis colombcoral&taskUSAから。他にもドイツやフランス、イタリアからもセレクトしている。

 

 

 

店内は迷路のような小道、行き止まりには小さな部屋のようなスペースがいくつかありどこまで続くのだろう?次は何が出てくるのだろう?とドキドキさせられる。

 

店舗のデザインの際、この小さな部屋を崩して一つのスペースにしようという意見もあったがMariaは敢えて残した。この部屋に一つ一つのキャラクターを作っていくのも面白いかも。実際、小スペースにはそれぞれ顔がありそれもお店の魅力となっている。

 

店舗デザインはロンドンのMARGARET HOWELL、そして東京のショップも手がけたWilliam Russell。シンプルで落ち着く空間を作り上げた。

 

 

外側からだけではわからないので是非是非一歩店内に入ってみるべし!

迷宮のラビリンスから脱出不可能かも。

 

 

 

 

Mouki

29 Chiltern Street, London, W1U 7PL

 

TEL: +44(0)20 7224 4010

 

WEBSITE

4 コメント

2013年

9月

06日

Hiro + Wolf

 

Hiro+WolfBeeAmyという二人の女性が始めたペットグッズやアクセサリーなどを扱う新しいブランド。

 

BeeAmyはロンドンフィールズで犬の散歩中に出会い、すぐに意気投合しHiro+Wolfをスタートさせることになった。HiroWolfの由来はAmyの愛犬“Hiro”Beeの愛犬”Wolf“からとった。

          HiroとWolf
          HiroとWolf

 

 

二人とも畑は違えど長くファッション関連の仕事に携わっていた。

Beeは新しいブランドを発掘したりイベントのオーガナイズというプロデュース業。Amyは自身のファッションレーベルもあるというデザイナー、クリエイト業。丁度Beeが自身のセレクトショップで扱うアクセサリーのプランもあり、デザイナーが必要だった。

そんな折、二人はまさに運命の出会いをしたのだ。

 

 

愛犬家の二人がデザインしたグッズはもちろん使い勝手は抜群。細部まで考慮されているので使っていてストレスがない。リードの長さやフックも自分たちに犬がいるので何が良いかが分かっている。そして使用面だけでなく、もちろんデザインも素敵。ペットグッズのカラーやリードはマサイ族が使用しているブランケッドの生地を使用。スピリチュアルなパターンデザインが他にはなくちょっとした特別感を味わえる。

 

 

ネックレスやイヤリング、ブレスレッドなどのアクセサリー類もお勧め。こちらも材料から生産まで全てアフリカで行われている。

 

木やビーズをうまく組み合わせたアクセサリーはアフリカンな中にどこか都会的な魅力も秘めてデイタイム、ナイトタイムの両方で使えそう。殆どのアイテムに付いているH+Wのチャームも可愛い。更に一つ数千円と手頃な価格帯なのもうれしい。

 

 

他にもバスケットやバック、動物のオブジェなど現在はアフリカからインスパイアされたものが多く取り扱われている。

 

来年夏にはイギリスのグラフィックデザイナーとのコラボレーション商品、秋にはペルー産の生地を使用した靴など楽しみなアイテムが満載。

 

現在、日本での取り扱いはなし。購入はHiro+Wolfのオンラインショップからできる。ロンドン内では取り扱い店舗があるので詳しくはウェブサイトで。

WEBSITE

 

BeeAmyも形式に拘らず色々なことにトライしていきたいのだそう。そんな二人がいつも視野に入れているのは“面白そうなこと”“手作り感”そして“モダンなデザイン”。正にHiro+Wolfを初めて見た時の印象そのもの。暖かみの中にある斬新さ。

Amyが想像で作り出したモノをBeeが実現する。今後の二人の二人三脚に注目したい。

 

 

 

 

Hiro+Wolf

 

オフィス&ショップ

146 Columbia Road, London, E2 7RG

TEL: +44(0)20 3086 7689

 

WEBSITE

4 コメント

2013年

8月

21日

LIVE WITH ME

 

 

日曜日はフラワーマーケットで有名なColumbia Roadにある素敵な雑貨屋さん。

通り沿いのお店とお店の間にある細い通路から入り階段を上がっていくとこのLIVE WITH MEに辿り着く。小さな小さな店内にはセンスの良い雑貨がセンス良く並べられている。

 

 

お店は2012年にオープンしたばかり。営業は水曜日~日曜日。

お店のオーナーであるClaire Henryが一人で切り盛りしている。

大学で考古学の勉強をしたあと、展示会の館長を色々な美術館で10年以上勤めている。そんな縁でたくさんのアーティストと出会う機会もあった。考古学を学んでいたためか小さなオブジェの魅力に引き込まれ、それもありLIVE WITH MEを作ることになった。

 

 

 

こちらがClaireがデザインしたグリーティングカード
こちらがClaireがデザインしたグリーティングカード

 

 

ちょっとした拘りはメイド・バイ・UK

でも、それだけを拘っている訳ではない。とにかく彼女がステキだと思えるものを選んでいるのだそう。

 

そして彼女のアーティストの人脈で他店では決して手に入らないものもたくさんある。

Claire自身でもデザインしたり描いたりもするそうだが、やっぱり彼女自身はたくさんのステキなものを探していきたいのだそう。

 

 

 

 

 

まだまだ世に名前の出ていない素晴らしいアーティスト達はたくさんいる。彼らが作っている作品を自身のお店で紹介してそしてその良さをたくさんの人に伝えたい。

 

素敵なものに囲まれて暮らしたい、そんなClaireの思いが店名にもなっている “Live With Me”。日々の生活にちょっとアクセントを添えたい方、是非、訪れてみて。

 

 

 

 

 

 

LIVE WITH ME

 

Top Floor, 144 Columbia Road, London, E2 7RG

 

WEBSITE

4 コメント

2013年

6月

04日

Tatty Devine (Selfridges Pop-Up Shop)

こちらがオーダーシート
こちらがオーダーシート

 

 

 

ロンドンのSelfridges1Fに出来たTatty DevinePop-upショップ。

ポップアップと言っても期間は無期限。特にいつまで、との予定がないということなので嬉しい。

 

プラスチックを特殊な方法で型取りポップでキュートなデザインのアクセサリーを作るTatty Devineは日本でも有名。

 

基本のデザインや文字の他に、自分自身でのオリジナルデザインも可能。文字の種類も30種類ほど、カラーバリエーションも豊富、そしてかわいいチャームも選べるので友人同士、お揃いで作ってもかわいいし、ちょっと気の利いたプレゼントにもなる。

 

オーダーは専用のシートがありカラーバリエーション、レター、チャームも分かりやすく載っているので選択肢が多くても安心。

 

 

 

 

 

こちらが特殊加工の工程

 

 

 

  ①  ②

  ③  ④

 

 

そしてSelfridgesショップのみの限定商品でもある大きなプレート型は今大人気。

ちょっと弾けたい日にはヒップホップスタイルのアクセサリーとして!? お家やお部屋のドアにネームプレートとしてもかわいい。

 

 

 

 

これから夏シーズン到来!ポップなプラスティックアクセは暑い夏にピッタリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

Tatty Devine Selfridges Pop-Up Shop

 

400 Oxford Street, Marylebone, London W1U 1AB

 

SELFRIDGES WEBSITE

 

TATTY DEVINE WEBSITE

 

4 コメント

2012年

12月

19日

Luna & Curious

 

イーストロンドンのShoredichエリアにある雑貨屋さん。雑貨を始め、ジュエリー、陶器、子供服、婦人服、そして小さなギャラリーも併設している。

 

 

 

3人の女性がオーナー。陶器のレーベルを持つPolly GeorgeKaoru Parrry、そしてジュエリーデザイナーのRheanna Lingham。もちろん3人の商品も取り扱っている。

 

 

 

下記の写真3枚はオーナーの一人、Polly Georgeの作品

WEBSITE

 

こちらの店舗がメインショップ。もう一軒センターロンドン、オックスフォードサーカス近くにも店舗がある。

 

 

 

 

Luna & Curious

24-26 Calvert Avenue, London E2 7JP

TEL: +44(0)2032220034

WEBSITE

4 コメント

2012年

12月

14日

Alexis Dove

海沿いの街、Brightonの近くにLewesという小さなかわいい町がある。アンティークショップなどが有名な町。ロンドンからは車で1時間ほど。

 

 

この町にAlexis Doveというジュエリーショップがある。店名でもあるAlexisがデザイナー。こちらはショップ兼オフィス。店舗奥のオフィススペースには彫刻機や研磨機なども置かれデザインから制作そして販売までこのスペースでできる。

小さいころ自宅に日本人のホームステイがやってきた。名前は“あずみ”。彼女がAlexisに猫の指輪をくれた。

 

 

「その猫がかわいくて、かわいくて。きっとそこから私はジュエリーに目覚めたのじゃないかしら。こんな感じのリング。」

と見せてくれたのは日本の招き猫。

そこからかわいらしいモチーフ、たくさんのカラーの組み合わせ、ジュエリーの魅力に引き込まれていく。

 

Alexis Dove2006年に設立。Sussex生まれの彼女にとって第二の故郷とも言えるLewesにお店を2010年にオープン。コレクションは年に2回、その他定番商品も多数。そしてオーダーメイドも可能。

 

“自然”を題材としたモチーフが多く、リーフや動物、海を連想させるものなどをかわいさの中に美しさもあり、一つ身につけるだけでキリっとしたポイントになるようなジュエリーだ。

 

Lewesはとても素敵な町。自然に囲まれ海も近い。Brightonも近いのでレストランや買い物にも不便はない。Alexisはここが大好きなのだそう。だからLondonという大都市からはちょっと遠いけれど是非この町、そしてAlexis Doveを訪れてきて欲しいのだそう。

 

 

 

 

 

 

ALEXIS DOVE

 

The Needlemakers, Lewes, East Sussex, BN7 2NZ

TEL: +44(0)1273 945786

 

WEBSITE

4 コメント