Instagram

Categories

2016年

2月

11日

Colenimo

 

ショーディッチの裏手にあるバウンダリーストリート。 

マップの示す場所に行くと、そこには平屋建ての小さなユニットが連なった広場があった。

1895年に建設されて以来、たくさんのアーティストやデザイナーからワークスペースとして愛されてきた Cleve workshop 

 歴史を感じさせるレンガ造りの小さな集合建築にはいくつものドアとゲートが付いていて、まるで小さい頃に読んでもらった絵本のよう。

 

 

 

 

 

その中のひとつ、3の番号がついたユニットにColenimoはあった。中が中二階になっているそのユニット。

かつて暖炉であったスペースにデスクを置き、ワークショップ兼オフィスとなっている。    

 

 

日本人デザイナー中川綾によるロンドンのレディースブランド、Colenimo(コレニモ)。

    

ブランド名である “Colenimo” は、日本で中川さん自身が昔やっていたバンドの名前からとったのだと言う。

「これにも。これにも。」と、いろいろなエッセンスを次々に足していくという意味だそう。

たしかにColenimoの服はどれもエレガントで落ち着きのある中に、「これにも」というあそび心がちりばめられている。 

 

例えばトレンチコートのヨーク部分を取り外し可能にし、前空きのジャンパースカートとケープのツーピースとして楽しめるようになっていたり、レディースではなかなか目にしないオイルコットンをコートに使っていたり。

また時にはファブリックにヴィンテージのカーテンを使用したり(!)    

 

そんなColenimoの洋服たちのデザインは、ファブリックからのインスピレーションが大きいのだそう。 

 灰色の空が一年中広がるイギリスでは、オンスが高く質の良いニットやコーデュロイが手に入る。

またヴィンテージマーケットへと足を運べば、そこは歴史深いイギリス・ロンドンならではの素材との出会の場となっている。    

 

小さい頃から何でも手作りをするのが好きだったというあやさん。 

彼女は本当に物を作るプロセスを大事にしているのが伺える。    

 

   「袖を通して頂いて服として完成すると思っていますので、服が主張しすぎる事のない様にしています。あと着易さや、素材等作り手さんの背景が解る物を選択しています。」

 

こうしたこだわりの素材選びを経て、イギリスならではのファブリックを使用したColenimoの洋服たちは、日本の物とは違った雰囲気を作り出している。

 

  「ロンドンのショーディッチにお店を構えましたのでぜひお立ち寄りくださいね。Colenimoを通して色々な方とお会いできるのは本当に宝です。どうぞよろしくお願い致します!」とおっしゃるあやさん。

この日は忙しい合間を縫って3歳になる息子のルイくんと一緒に来てくれました。 

 

この日もヴィンテージのワークウェアをコートとして羽織り、さすがの着こなし女性として母として本当に憧れてしまう、まさにColenimoを体現されたような素敵なお方で、私もすっかりファンになってしまいました!

 

皆様も一度ご覧になってみてください 。

  

written by Yuuka Tamiya

 

 

 

Colenimo

 

 

 3, Cleeve Workshops, Boundary St, London

E2 7JD

 

WEBSITE